スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶景の露天風呂・松島温泉 
今日は、日本での日々をちょっとつづってみようかと思います。

私の祖母は、なんと90歳。
なんだかんだと、元気なんです。
普段は、札幌で暮らす祖母が、先々週より、仙台に遊びに来ています。

今日は私の仕事がお休みだったこともあり、祖母・母・私の親子三代で、松島へ行ってきました。

目的地は、松島温泉。
有名な『一の坊』という旅館へ、日帰り温泉してきました。
昨年、母が祖母を連れて行ったところ、とても景色のいい露天風呂に祖母が大絶賛!
というわけで、今年は私も一緒に行くこととなったのです。

話しには聞いていましたが、これがびっくりするぐらいの絶景だったのです。
まさに、絶景の露天風呂。
3人の貸切状態だったので、写真を撮りました。

洗い場からお風呂へ。
お風呂
お風呂から見れる景色は、まさに絶景!
露天風呂からの眺め
天気も良く、本当にきれいでした。

松島温泉の湯質も、ちょっとねっとりした感じで、とても良かったです。
こんな素敵な景色と温泉を同時に味わえるなんて、本当に贅沢なひと時でした。

日帰り入浴は、1,500円。
その料金の中には、ロビーでのフリードリンクも含まれていました。

そのロビーからの景色も最高!
ロビーからの眺め
庭もとても素敵でした。

贅沢な温泉につかって、帰りは松島のさかな市場でご飯。
お魚市場
ここは観光バスもとまる観光名所(?)。
中途半端な時間に私たちは到着したのですが、
それでも、とても多くのお客様がいました。


ベナンに戻れば、水シャワー。

温泉なんて、本当に幸せなひとときでした。


ちなみに、きれい好きなベナン人。
一日3回ぐらい、水あびをします。

朝・昼・夜。

歯磨きと同じ感覚かもしれません。

えっ?歯磨き?
ベナン人も、歯磨きしますが、一日三回してる人は少ないかと思います。
ベナン流の歯のお手入れ方法もあるので、そのうち、紹介しますね。
塩竈神社に参拝 
女の30代は、ほとんどが厄年。
そんなこと、全然気にしていなかった私ですが、
今日はお休み。
天気も快晴。

というわけで、思いつきで母と二人で東北一のパワースポット(らしい)の
塩竈神社にお参りに行ってきました。

塩竈の高台にあるのですが、天気の良かった今日は、
海がきれいに見え、素敵な景色を拝むことができました。
きれいな海の景色
庭も手入れが行き届き、本当に綺麗でした。
庭

神社では、たくさんのお宮参りに来ていた赤ちゃん。
七五三の子ども。
そして、結婚式も行われていました。

とにかく、たくさんの人たちが訪れていました。
塩釜神社

お願いごと、叶うといいいいなぁ。
動物園に思う 
日本では3連休。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

私は3連休ではありませんが、本日、お休みでした。
そんなわけで、急きょ、弟夫婦と姪っ子と一緒に、動物園に行くことになりました。

姪っ子は1歳10か月。
動物を見るのが楽しい!というよりは、なんだか広い楽しいところにきた!という感じで、
とてもはしゃいでいるようでした。

思い出すと、私が最後に行ったのは、
ベナンのポルトノボ・ウェケにある動物園でした。
(そのときの記事は→こちら

日本の動物園のようなにぎやかさはなく、
たんたんと動物がいる場所でした。

それでも、迫力のあるライオンがいたのは印象的でした!
DSCF1875_convert_20120208020302.jpg

動物園見学をしていた思ったのは、
やっぱり日本の子どもたちは、小さい頃からいろんなことを学んでいるんだな~ということ。
日本の幼稚園児に、『ライオン』・『象』・『キリン』といえば、ほとんどの子どもたちが、
その動物を知っていて、一回以上は、本物じゃなくても、本やテレビでその動物を見たことがあるでしょう。

しかし、ベナンの子どもたちは・・・・・
全員の家にテレビがあるわけじゃない。
ましてや、カラーの動物の写真付きの本を持っている家なんて、一度も見たことがない。
ベナンの動物園?
そんなところに行けるのは、ごくごく一部の子どもだけです。

我が家(ベナン)の子どもたちだって、動物のカラー写真なんて、見たことないはず。


やっぱり日本の子どもたちって、物質的に豊かな環境で育てられているんだな~と
本当に実感したのでした。

ちなみに、前回ベナン帰国時、ベナンの我が子にペンギンのぬいぐるみを見せました。
ペンギンの説明、できなかったな~と思い出したのでした(笑)
帰国して1ヵ月を振り返って 
気づけば、帰国して1ヵ月がたちました。

この1ヵ月、早かったけど、長くもあり、充実した1ヵ月だったな~という感想。

ベナンから持ち帰った大事なものたちを、早くいい形で世に送り出したい!という気持ちと、
もっともっと素敵なものをアフリカからお届けしたい!
だから、またベナンに戻って早く商品開発&発掘しなきゃ!
だからだから、軍資金を調達するために、働かなきゃ!と思ってバイトも始め、
正直、帰国してからの1ヵ月、忙しかったです(笑)
これからも忙しいです。

とりあえずは、来月の8日(月曜日)のお薬師さんの手作り市。
仙台在住の皆さん、よろしければ足を運んでくださいね~。


ちなみに、先日、ホームステイファミリーと電話をしていたら、
一番下の子のトビが、
「タタみほ~、タタみほ~」
とよく呼んでいるそうです。そんなときは、私の写真を見せるんだそうでする。
すると、彼女はとても満足した笑顔になるそうです。
あ~、なんてかわいい私のトビ❤
ma fille


さて、エボラ出血熱。
日本で報道されていないだけで、ベナンでも患者はでているようですね。
本当に心配です。
ただ祈るのみです。
日本で過ごすお盆 
いまだ、改善の兆しが見えないエボラ出血熱。

その後、ベナンに関する直接的な記事はみつけてはおりませんが、
一部の報道では、日本では報道されていないガーナにも感染したと思われる患者がみつかった
という記事がありました。

ガーナ(地図黄色)は、
エボラ出血熱が蔓延しているギニア・リベリア・シエラレオネ(地図赤)3か国と
コートジボワールを間に挟んでおり、直接国境が接しているわけではありません。
ベナン(地図青)とは、トーゴを挟んでいます。
ガーナにも!?
西アフリカ全体に本当に広がりつつあるエボラ出血熱。
本当に心配です。


さて、今日はたまには、日本での日常を。

2年ぶりの日本で過ごすお盆。

たまたま、バイトも休みでゆっくりと夏の日本・お盆を過ごしました。
8月13日には、しっかりお寺に行ってお墓参りもしてきました。
お寺では、お坊さんにお経をよんでもらったのを聞いたのですが、
久しぶりに耳にするお経と木魚。

なんだか、とても懐かしくもあり、やはり自分は仏教徒なんだな~なんて、思ったりもしました。
13日は、とても天気がよく、せみがなき、
とっても日本の夏らしいお盆でした。
お墓の写真
ちなみに、お墓の前で、お供えしたどら焼きをお墓参りに一緒に行った家族で頂いたのですが、
そのときの姪っ子。
姪っ子
口についているのは、どら焼き(笑)

姪っ子と一緒にいればいるほど、思い出してしまうベナンの家の子どもたち。
とくに、姪っ子と同じ歳のトビ。
元気かな~?早くあいたーい!

また、これは我が家の仏壇前ではありますが、
日本では面白いキャンドルがいろいろあるんですね。
祖父が大好きだったビールのキャンドルは昔からあったのですが、
今回、祖母が好きだった饅頭と、ひいおばあちゃんが大好きだった海老のお寿司キャンドルを発見したため、
買ってしまいました。
キャンドル
全然、おじいさん・おばあさん・ひいおばあちゃん孝行できなかったから、
たまにはね(笑)
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。