スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月8日は、何の日? 
皆さん、3月8日は何の日か知っていますか?

そうです!
「国際女性デー」
なんです!


お祭りが大好きなベナン人は、この日にもお祭りをしました!


お祭りの方法は、いろいろなのですが、
私が行ったのは、普段通っている学校でのお祭り。

何をしたかというと、まず、先生と生徒を同じ教室にぎゅうぎゅうに集めて、
女性の権利について、ディベート。
(ディベートと言っても、司会の先生が一番しゃべってましたが(^^;)

そして、この日、一番面白かったのは、生徒たちによる劇!


2つの劇をやったのですが、1つは女の子が泣いていて、それを男の子が助ける!
という、女性の権利を男の子たちが認めていくという劇で、
最後にみんなでダンスして終わる!
という単純なもの。


で、もう1つが・・・・・

( ̄ー ̄)


設定は、我がリセベアンゼン(高校)。
そのあるクラスの女生徒と先生が、一夜をともにします。
ちなみに、誘ったのは先生。


で、とある日。
その女生徒が家で家事をしていると、父親の前で突然、吐き気をもよおします。

その様子に気づいた、父親が激怒!!!

「相手は誰だ!?」

泣きながら、答える女生徒。

「先生。。。。。数学の。。。。。」


さらに激怒した父親は、高校に乗り込み、校長先生に直談判。

その話を聞いた校長先生も激怒し、その数学の先生が学校の呼ばれ、
最後は、その先生が学校をやめさせられる。
というストーリー。



もうね~、その教室にいた先生も生徒も大爆笑!!!

私も大爆笑。


いや~、でも、今日は「国際女性デー」。
このストーリーから、いろいろと考えさせられることはありますが、
日本では、やらないようなストーリーですね。


お祭りは、最後にみんなでご飯を食べて終了。


非常に興味深いお祭りでした。
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/92-1d0c324d
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。