スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お薬師さんの手作り市の様子 
日本での生活って、忙しい!
ベナンと同じ24時間あるとは、思えない(笑)
とはいえ、日本での生活に慣れれば、もうちょっと有効に時間を使って、
ブログも更新できるかもしれません。
がんばります。

さて、今週の月曜日に行われたお薬師さんの手作り市の様子を紹介します。

念のため、お薬師さんの手作り市について。
お薬師さんの手作り市は、仙台市にある薬師堂という
とっても歴史あるお寺の境内で行われている手作りのものだけを集めた市です。
雑貨と食品の手作り品のお店が、合計150店舗も出展します。
毎月、お寺の縁日に合わせて曜日関係なく、8日に行われます。
そんな市に出展してきました。

詳しくはこちらをどうぞ→お薬師さんの手作り市HP

初めての出展ということもあり、妹にも手伝ってもらい、朝7時半に家を出発。
8時には受付を済ませて、店舗づくりスタート!
始まる前
実際に販売するのは、10時から。
ギリギリまで、試行錯誤しながら、商品を陳列。
毎週、ベナンのアジャラでやっていた屋台準備を思い出しました(笑)
お店の様子

出展した感想は、本当に楽しかったです。

実際に、お客様とお話をして、率直な感想を聞くことができました。
「あら~、なんか面白い柄ね~」
「この柄かわいいですね~」

なんて言われると、
私:「はい、アフリカの人が着ている柄なんですよー」

「アフリカから布を買い付けてくるの?」

私:「いいえ。私、アフリカにちょっと前まで住んでいて、そこで作ってるんです。」

そんな会話を何度もし、ほとんどの人に驚かれました(笑)

でも、中には、アフリカ好きのマダムもいらっしゃって、アフリカ話に花が咲いたり、
妹さんがアフリカ好きで、たくさんのアフリカ布雑貨を見たことがある、なんて聞いたり、
お母様が昔、タンザニア大使館で働いていました、なんて言う人がいたり、
なかには、アフリカ布のエコバッグを持ってる人もいました!

意外に、仙台市民の中にも、アフリカが身近な人多いんだな~なんて、思ったりしたのでした。

嬉しかったこともたくさんありました。
「普段はどこにショップあるんですか?」
なんて、聞かれたりして!

それでも、一番うれしかったのは、秋田からわざわざこのためだけに、
駆けつけてくれた方もいたんです。
本当に感謝です。

今回、皆様から頂いた声は、今後、アフリカでの商品開発&ブランド構築に、
しっかりと役立てて生きたいと思っております。

さて、今回の人気商品をご紹介しまーす。

まずは、こちら。がまぐち。
がま口
3種類の大きさを、格安で販売したんです。
思った以上に、たくさんの方に気に入って頂けました。
ありがとうございます。

また、人気商品「お弁当つつみ」
弁当つつみ
くるみボタンつきで、布の端を結ばずに、ひもをボタンにくるくるするだけで、
お弁当をつつむことができます。
中は、違う布を使用。
ランチョンマット
ランチョンマットとしても、使えます。

皆さん、本当にありがとうございました!

ま、上記の2商品。
まだ、ネット販売してないんですよね。すみません。

さて、来月の手作り市、もしかしたら、また出展するかもしれません。
わかり次第、ご報告いたします。
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/385-fcf8043a
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。