スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アトリエ紹介! 
今日は、ずっと紹介したいと思っていた私のアトリエ(作業場)を紹介します。

場所はポルトノボ・ドワ。
ベナン南東部最大のワンドマルシェから、歩いて40分。
バイクタクシーで10分。のところに、アトリエがあります。

ま、私のアトリエと言っても、正確には私のパートナーのアトリエです。
今回のベナン滞在中は、平日はここを拠点にしています。

そのアトリエ入り口がこちら。
2つある扉の左側がアトリエです。
アトリエ入り口

アトリエの中には、クチュリエ(仕立て屋)が使うミシンが数台。
メインで動いているミシンはこちら。
ミシン
中国製で、もちろん足踏みミシン。

私は、足踏みミシンで上手に真っ直ぐ縫うことが出来ず、
私が縫うと商品として成り立たないため、ミシンは使っていません。

ここのアトリエには、ロックミシンがあります。
布のはしを、ほつれないようにするために使うミシンです。
ロックミシン
こちらはドイツ製。もちろん足踏み。
このロックミシンをもっていない仕立て屋は多く、
仕立て屋によっては、ほつれたまま服がしあがってくることもよくあります。

もちろん、お金をちょっと払って、貸し借りをしたりもするようです。

こちらは、ボタンの穴を縫うときに使うミシン。
ジャノメのミシン!
蛇の目ミシン
もちろん日本製。電気に繋がる線がぬかれ、足踏み製になっています。

ベナン人は服を作りたくなると、こういう仕立て屋にやってくるわけですが、
服のデザインは、いろいろと自分で指定することが出来ます。
こんなカタログもあります。
カタログ
この中から、自分で好きなのを選ぶことも出来るし、
自分で絵を描いて伝えるのもよし、
言葉で伝えるのもよし、
自分の好きなように、服をオーダーすることができます。

今回の滞在では、私はこのアトリエでこうやってネットをしたり、
ミシンが使えない分、裁断の仕事をしたり、アイロンをかけたり、
自分が出来ることをせこせこやっております。

仕立て屋の仕事、なかなか楽しいです。
ここで作ったものが、お店に並んでいるわけです。
一部は、日本に持って帰って、販売予定。
写真をとったら、ちょっとずつここのブログでも紹介していきます。

ここのクチュリエで作ったワンピース。
日本に帰国した際、姪っ子にプレゼントしました。
先日、そのワンピースを着た姪っ子の写真が送られてきました。
あまりのもかわいいので、紹介します。(パパママ勝手にのせて、ごめんね~)
しきちゃんワンピース
日本人の子どもが着ても、アフリカ布のワンピースはこんなにかわいいのか!?と、
実感したのでした。
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/360-65d97a8c
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。