スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベナンでビザ再更新 
昨日の朝から、ベナンはずーーーっと雨が続いています。
こんなにも、雨が降り続くのは本当に珍しいです。
まるで、梅雨時の日本のようです。

じとじと降る雨が、2日間も続くとは・・・・・
あの太陽の光が待ち遠しいです。


さて、今日はビザの話。
3ヶ月前に、お金をぼられながらも、3ヶ月の更新をした私。
そのとき、
「次はビザ更新が出来ないから、滞在許可証を申請しなさい。」
と言われたのでした。

滞在許可証の申請なんて、面倒くさそうだな~、早めに対応しよう~と思い、
1ヶ月前に、入国管理局へ行き、どういう書類が必要かたずねに行くと、
思った以上に、多い書類の数!

あまりにもびっくりしている私に、ベナン人のマダムが優しく、
「少なくとも、これは絶対必要よ。他が用意できなくても、とりあえず、これだけ持ってきなさい。」
そう言われたのが、犯罪経歴証明書

その名の通りなのですが、もちろん、日本国が発行したものでなければなりません。
慌てて、日本大使館へ。
幸い、知っている人も多いので、事情を説明し、たずねてみると、
なんと、犯罪経歴証明書の発行には最低2ヶ月必要との事!

その時点で、あと1ヶ月でビザが切れてしまう私。
まーお。

その後、大使館の職員の方が親切にいろいろとかけあってくれたのですが、
やっぱり1ヶ月での発行はできないとのこと。
どうしよう~と思っている私に、優しい大使館の職員は、入国管理局で働く1人のシェフを紹介してくれました。

「どうなるかわかりませんが、とりあえず、彼に相談してみてください。」
と。


その後、彼のところへ行き、事情を説明すると、
滞在許可証の発行はできないけれども、飛行機の出発日までビザは更新してくれるとのこと!

らっき~!

とまぁ、一ヶ月前ですが、そんなバタバタした出来事があったのでした。


そして、先日、ビザが切れる前に、彼の元をたずね、ビザの更新をお願いに行ったのです。


今回は2ヶ月の更新。
しかし、無理なのをお願いして、ビザを更新してもらっている。
お金はいくらとられるのだろう?と、ドキドキしていると、
27,000fCFQ(約5,400円)
前回の30,000fCFA(約6,000円)よりは安いけど・・・・・
そして、お金を払ったあとに、もらったビザと引き換えのためのレシートがこちら。
ビザを受け取るためのレシート
金額の欄、見てください。
12,000fCFAとあります。
そう!結局、今回もまた、15,000fCFA手数料としてとられたのです。

なんと・・・・・・・

確かに、今回は特別な処理をお願いしたけれども・・・・・
ひどいですね。ちょっと。
文句を言って、ビザ更新できないと困るので、ちゃんと払って、おとなしく帰ってきましたが・・・。
残念です。


ちなみに、ビザ更新の申請処理をする際、私の前の人がカメルーン人でした。
彼は、管理局にマダムに
「あら、2週間もビザがきれているじゃない!なんで、早くこなかったの!?」
カメルーン人:「病気だったんです。」
「これは罰金ね。1週間25,000fCFA(約5,000円)だから、2週間で50,000fCFA(約10,000円)よ。」
と言われていました。
これは超大金です!

もちろん、彼は払っていましたが・・・・
いろいろ疑ってしまう私は、このやり方・金額にも疑問を感じたのでした。
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/356-9e7d800f
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。