スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トーゴ旅行⑥ ~グルメ編~ 
昨日から、ベナンではずっとヤイボニ大統領とベナン経済界のドン・タロン氏のニュースでもちきりです。

この話は、長くなるので、今度、取り上げます。

今日は、とびとびになっていますが、トーゴ旅行のおまけ・グルメ編です。
たった2泊3日。
お隣の国で、食べたものを紹介します。

とはいえ、あまりグルメっぽいことできてないので、かるーく。

ベナン・アジャラの我が家を出てから、約6時間に及ぶ移動。
移動の途中、ちょっとつまんだものはあったものの、ロメに着いた頃には、本当にお腹が空いていました。
そのため、選ぶこともなく、とりあえず見つけた屋台で腹ごしらえ。
でも、普通にご飯を食べました。
到着後に食べたご飯
ソースもベナンで食べるのと同じ感じのトマトベース。
可もなく不可もなく、美味しく頂きました。

そして、その日の夜!
せっかくきたので、ビュベット(飲み屋)へ。
マルシェの近く、ホテル周辺は、ほとんどビュベットがなく、結局、一番最初にみつけたビュベットへ。
ロメのビュベット

ここで、
トーゴのビールをください。」
と注文。出てきたのは、
”Pils”ピルス
トーゴビール『ピルス』
ピルスは、ベナンでも飲めます。でも、飲んだことがありませんでした。
トーゴビールだったとは、知らなかった~。

そして、値段。なんとお安く500fCFA(約100円)
ベナンビールのベニノワーズをベナンで飲むより安い!

味も、普通に美味しかったです。

その後、この日の晩に食べたのは、串焼き。
串焼き
珍しく、牛肉もありました。
パンにはさんで、サンドイッチ風に食べたのですが、なかなか美味しかったです。

そして、翌日。
ベナンでも、毎朝のように食べているアタシ。
トーゴのアタシは、ちょっと茶色。
ロメのアタシ
このアタシは、ベナンでもたまに見かけます。おそらく、トーゴ出身の人が作ると、こういうアタシになるのでしょう。
もちろん、美味しかったです。

そして、その日のお昼。
ホテルの斜め向かいにあるMAGGIの屋台。
MAGGIとは、西アフリカで大人気のコンソメみたいなもの。
マジー屋台

何が食べれるか聞くと、「フーフー」が食べれるというではないですかっ!?
「フーフー」とは、私も一度も食べたことがないのですが、おそらくコートジボワールの料理で、
バナナを餅のようについて、食べるそうです。

思いっきり楽しみに待っていると、でてきたのは、普通のイニヤムピレ。

ん?

どうやら、トーゴではバナナではなく、イニヤムをついたものをフーフーとよぶようです。
超残念!!!

また、ここではソースが2種類「赤ソース」と「白ソース」があると言われ、
人気っぽい「白ソース」を注文。

私は、「白」と言われ、シチューのような牛乳を使ったものなのかな?なーんて思ってたのですが、
でてきたのは、普通のブイヨンスープ。
フーフー
むしろ、黄色?というか黄緑?
私の推測によると、鶏肉でだしをとったスープにピーマン(アフリカの唐辛子)を入れた結果、
その色が移ったのであろうと。

そして、何が残念って、そのスープはとても美味しかったのですが、
ベナンのイニヤムピレに慣れてしまった私にとって、さらさらすぎるソース(ほぼスープ)とイニヤムピレがあわない!

イメージ的には、カレーライスを頼んだに、スープカレーが出てきた気分(笑)

ま、それでも、ちゃんと美味しく頂きました。

ちなみに、その日のおやつ。
プラージュ(海)でビールとドーナツ。
ビールとドーナツ
おやつを食べたからか、夜はあまりお腹が空いていなかったので、その辺の屋台で。
結局、いつもベナンで食べているパットを食べました。
ロメのパット
しかし、このパット、超高い!
普通の屋台なのに、小さいのが1個100fCFA!?
いつも私が食べているものの、2倍の値段でした。

ロメという首都だったからでしょうか?
値段にびっくりしてしまいましたが、ソースは普通のトマト。
特に変わったものではありませんでした。

そして、最終日の朝に食べたのがこちら。
ベナンの屋台で売っているのは、見たことがありません!
チャーハン!?
チャーハン風
この値段も高かったですが、美味しく頂きました。

本当は、もっとトーゴっぽい料理があったと思うのですが、ちょっと調査不足。
次回に期待してください(笑)


トーゴのロメでの発見といえば、忘れてはならない、スーパーマーケットでの
『海苔』
『味の素』
の発見。

味の素はともかく、海苔は買おうか、本当に悩みました。
この2つ、ベナンで販売されているのは、まだ、見たことがありません。
さすが、ロメ!

また、ベナンと違うな~と感じたのは、服。
女性はベナンと変わりないのですが、男性陣!
ベナン男性のように、パーニュ(布)を上下で仕立てて着ている人がほとんどいない!
本当に数えられるくらい。
隣の国なのに、服の文化が違うのにびっくり。
この違いは、フェット好きベナン人がフェットに行く度に仕立てるからでしょうかね?(笑)

スポンサーサイト
 
 
Pilsはジュグーで飲んでたよー。けっこう置いてあるよ。やっぱりトーゴのほうがビールが安いからまとめて買ってきた。。みたいなことをビュベットのお姉ちゃんが言っていたような気がするよ。個人的にはベニノワーズよりも数倍おいしいと思う(笑)。
 
なるほどね~、確かに国境が近ければ、そういう方法もあるんだね~。
味については、否定しないです。ベニノワーズはとうもろこしからできてる第3のビールですからね。ピルスには、かなわないでしょう。
だって、ピルスは麦の味がしたもん。
ま、それでも日本の生ビールにはかなわないか(笑)

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/348-a1b4fe70
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。