スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
井戸の修繕作業 
ゴールデンウィークが終わり、社会復帰をしている人も多いのではないかと思いますが、
休みボケ大丈夫ですか?

プチブティック仮オープン。
ご連絡くださった方、ありがとうございます。
ちょっとずつ、がんばります。
(とはいえ、帰国が近づいてきていますが・・・・・)


さて、今日は、我が長屋の井戸の話です。
以前に、長屋の井戸水が枯渇していると書きました。
(以前書いた、井戸の記事は→こちら

最初は、雨の降らない雨季のせいだと思っていたのですが、
雨が降っても、全く変わらない様子を確認し、完全に井戸がダメになったとわかりました。

どういうことかというと、通常であれば水が沸いてきて井戸にたまるはずが、全く水が沸いてこない。
ようは、うまく井戸を掘れてなかった!ということなんです。

電気が無くても、なんとかなりますが、水は生活必需品。
長屋で暮らす家長たちが集まって、会議をした結果、みんなでお金を出し合い、
井戸を業者さんにみてもらうこととなりました。

ちなみに、大屋さん。
通常であれば、お金を出すべきでは?と思うのですが、断ったとのこと。
ひどすぎる。。。。。。


一昨日、その業者さんが来て、井戸の修繕作業をしてくれました。

業者って、どんな人が来ると思います?
大きな機械と一緒?

いえいえ。

やってきたのは、たった2人。
もってきたのは、井戸の中の砂を外に汲み出すためのプラスチックのみ。

しかも、井戸の中に直接入ります
素足で。
命綱もなく。

どうやって入るかというと、下の写真を見ると、へこんだところがあるのがわかるかと思います。
ここを使って、ずっと下まで行きます。
ココを使って入る
もちろん、中は深いです。
中は深い
いや~、びっくりした。
まるで、忍者。


その後、中に入った人がプラスチックの中に、井戸の底にたまっている砂をいれていきます。
で、上にいる人がそれをひきあげます。
井戸の深堀スタート
ずっとその繰り返し。
ちょっとずつ、左下の砂が増えているのがわかりますか?
中盤
砂というよりは、粘土質のようでしたが。
粘土質の砂?

この作業を3時間ぐらいでしょうか?
ずっと2人は繰り返し行っていました。

この作業。
超重労働。
もちろん、命の危険だってあります。

金額は???

20,000fCFA。(約4,000円。)


本当に大変な仕事ですね。


3日間ほど、井戸を使わないように言われて、今日がその3日目。

今後、井戸の水が自由に使えるようになっていることを心待ちにしています。
スポンサーサイト
 
やばっ 
なにこれ笑

マジで体育会系、ゴリゴリ系だね。
こういう仕事を一日何件やるのか…

ほんと、ろどりっぐとかこういう仕事してそうで怖いわー笑

にしても、早く水が出るといいね。
あ、ちなみについにWがLINEデビューしたよ!!
あとはみぽりんだけ!
ろどりっぐ!? 
確かに、あの生真面目さといい、体力といい、似合いそう。(笑)

突然、井戸の中から何の前触れも無くベナン人がでてきたとき、本当にびっくりしたもん。いやー、映像で見せたいわ~。

ちなみに、LINEくやしいなー。
帰国したら、間違いなく始めるから、もうちょっと待ってて!

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/344-52e76b66
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。