スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベナンに見るバイク市場─その2:愛される日本のバイク! 
やっぱり雨が降らず、我が長屋は水に問題をかかえたまま、生活しております。

というわけで、今日は、昨日の続きで、ベナンのバイク市場について。
そもそも、バイクに得意でもない私がこの記事を書こうと思ったのは、
ベナンで愛されている日本のバイクを紹介したかったため!

今日はその紹介です。

昨日、書いたとおり、ベナンでの日本のバイク率は15%未満ぐらいでしょうか?
昔は、もっともっと日本のバイクが走っていたそうです。
しかし、中国バイクとの価格競争に負け、シェア率が下がってしまったとのこと。
本当に残念です。

それでも、ベナン人に日本のバイクは愛されてますよ!
日本のバイクといえば、ヤマハ、ホンダ、スズキ、カワサキと言ったところでしょうか?

残念ながら、カワサキのバイクは、ほとんど見かけません。
とっても似ている名前のこの車はよくみかけますが。。。笑 →こちら

ベナン人曰く、昔はカワサキのバイクはまぁまぁ走っていた。
でも、部品をみつけるのが難しく、いいバイクではあったけど、すっごく人気があったわけではなかった。
らしいです。

スズキのバイクは、たまーにみかけます。
でも、爆発的人気!とまではいっていないような気がしています。

それでは、今のベナンで人気の日本のバイクの紹介です。
ホンダ・ドリーム
ホンダ・ドリーム

こちらも、ドリーム!
ホンダ・ドリーム2

わかりづらくて、すみません。
どちらかが、新しい型です。
この新しい型がベナンに出てきたのは、昨年のことだったと思います。

「みほ!あれを見てみろ!あれが新しいホンダだ!かっこいいよな~」
と、ベナンの男性陣が騒いでいたのを思い出します。

ちなみに、こちらは新しい型の値段で50万fCFA(約10万円)!
中国産に比べたら、本当に高いです!
(参考:Haoujue 35万fCFA(約7万円)

日本円でたった3万円かもしれませんが、
ベナンで定められている大学卒業後の最低月額賃金が4万fCFA(約8,000円)。
お給料の4か月分も違うんです!

そりゃー、お金がないとホンダは買えません。
だからこそ、新しいホンダに乗っていたりすると、それだけでステータスなんです。
でも、このホンダ・ドリームはけっこうみかけます。

ベナン人曰く、一時、ベナンからホンダは姿を消していて、全然見かけないバイクになっていたそうです。
それが、このドリームの登場とともに、あっという間に浸透したとのこと。
ホンダの戦略がうまく行ったんでしょうね❤

ちなみに、先日、こんなかっこいいホンダもみかけました。
高そう!
ホンダの大きいバイク

たまに、こんなアメリカンタイプのホンダも走ってますね。
こちらもホンダ


さて、ホンダのあとは、そう!ヤマハ!

一番記事を書きたかったのはヤマハかも。笑

なぜって、本当に私の身近な友人はヤマハを愛している!

先日、同じ長屋に住むムッシュが乗っているヤマハの調子が悪い。壊れたかもしれない。
と言って、新しく中古のバイクを買ってきたのですが、それもヤマハ。
ただ今、彼の家には2台のヤマハがいます。

ベナンで愛されているのは、ヤマハ・メイト。
ヤマハメイト2

他のバイクと比べると、小さいですが、故障はしないし、燃費はいいし!と大評判。

こちらもヤマハメイト。
ヤマハメイト

ベナンで買うと、こちらも45万fCFA(約9万円)~と高額。
価格競争になると、アフリカでは難しいですね。

ヤマハメイトは、本当にこの形から私の目に付くのですが、
壊れそうになりながらも、みんなよく乗っています。

私の友人の1人は、もう10年以上も乗っているとのこと。
日本人として、うれしいですね。

もっともっと、日本のバイクがベナン、いやアフリカで愛されて乗り続けられることを
祈っています。
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/336-227910b8
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。