スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨の降らない雨季と井戸水 
昨晩、寝ている間に待ちに待っていた雨が降りました!

ただ今、ベナンは雨季。
通常、3月からちらほらと雨が降り始め、4月といえば、かなり雨が降る日が増えます。


ところが、今年は全然3月から雨が降らない!
どうして困っているかというと、なんと、我が長屋の井戸の水が枯渇状態になっているからなんです。
以前に紹介しましたが、こちらがうちの長屋の井戸です。
この一つの井戸で、5世帯の生活水を補っています。
みんなの井戸

枯渇し始めたのは、3月中旬ぐらいから。
それでも初期はなんとかなりました。
誰かが井戸水を汲んでから、2時間ぐらいすれば、ちょっとは水が溜まっていたので。
しかし、本当に枯渇し始めると、この井戸水を巡って、長屋内でちょっとした水の奪い合いが始まります。

ある家は、夜中の12時。
とある家は、明け方5時半。
もうとある家は、真夜中の3時。

みんなが時間を変え、井戸水汲みに挑みます。
それでも、十分な生活用水とはならず、結局、他の家の井戸水をもらったりもします。
が、全く降らない雨のおかげで、その近くの井戸も十分に水がなく、
結局、ぎりぎりの生活をしています。


隊員時代に泣きたくなるほど経験した断水。
井戸水でも、こんなに枯渇し、大変な思いをするとは思ってもいませんでした。

今後、定期的に雨が降ることを心より祈っています。


ちなみに、うちの長屋の井戸は、一般的な滑車を使って、水を汲むタイプです。
ベナンでは、最も一般的と言えます。
だいぶ前ですが、その滑車が壊れたことがありました。
滑車がないと、深い井戸から水を汲み出すことは、本当に大変な作業です。
そのため、すぐさま、滑車を購入しました。
こんな鉄加工品をいろいろ販売しているところで買いました。
鉄加工品販売屋
こちらが滑車です。
日本では、確か中学校の1分野で勉強しますね。
井戸で使用する滑車

ベナンでは、井戸水を使っている家が大半ですが、全ての家が井戸水を毎回、汲んでいるわけではありません。
文明の力、電気を使って、井戸水をくみ上げ、家の屋根の上のタンクに水を貯めて
利用している家も多いです。
こちらが、そのタンク。
水タンク
中には、その水を売っている人もいます。

井戸水を汲むのも、大変な仕事ですからね。


ちなみに、私が
「雨よー!早く降れー!」
って、フランス語で叫んでいたら、1歳半の子どもが覚えてくれて、一緒に叫んでくれます。笑
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/332-eb678bbb
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。