スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストライキのその後 
そういえば、ストライキのその後について報告していなかったので、続編情報。
誰も、興味ないかもしれませんが。笑


1月から始まったベナンのゼネラルストライキ。
ストライキを行ったことで、ベナン政府は公務員に給料を支払わなかったため、
2月もストライキを継続。

が、さすがにまずい!と政府は思ったのでしょう。
2月末に、ストライキの中止を求めて、政府は未払い給料分の支払いを発表。

そこで、事態が少し変わりました。


健康分野で働く、医師と看護士は、3月からストライキの中止を決め、働き始めました。
(ラジオニュースによる)


ところが、教育分野。
政府が未払い給料の支払いをすると言ったものの、その期日は発表しませんでした。
それに納得せず、教育分野のストライキは継続。
かくして、3月の今となっても、学校で授業があるのは、月曜日と金曜日だけです。

(一部、校長先生の意向で、授業を行っている学校もあります。
 また、非常勤講師として雇われている公務員ではない、学校が直接契約を交わしている先生達は
 働いています。)

とまぁ、そんな複雑な感じのベナン。


そんな中、先週、ラジオから興味深い声が聞こえてきました。


「もう、僕は疲れた!本当にもうやだ!何とかしてくれ、ヤイボニ!
 無償で学校に行けると言われたのに、結局、学校は無償じゃない。
 だから僕は、8,500フラン(約1,700円)を学校に支払った!
 それなのに、学校で授業がない!ストライキのせいで、勉強ができない!
 僕はテルミナル(日本でいう高校3年生)だ。試験が迫っている。
 早くこの問題を解決してくれ、ヤイボニ!」

と。生徒がデモ行進をしながら、こんな言葉を発していました。(かなり意訳してますが)。


生徒自らがデモ行進をするなんて、すごいな~と思い、
同じラジオを聴いていたベナン人たちと話していたのですが、
そのベナン人たちとでた結論。
「あの生徒はきっと雇われただけ。」

そう!

ストライキを継続することで強気な態度を取っている、組合活動家が生徒を雇って、
「生徒がこんなに困っているんだから、早く問題を解決しろ!」
と訴えようとしたのであろう。と。

なるほど!


ちなみに、こういった生徒によるデモ行進の様子は、一つだけでなく、複数行われている様子です。

私の住むポルトノボでも、トッファ高校という女子高校でも行われていたようです。



もう隊員じゃないから、あまり関係ないですが、これが隊員だったら、
「どうでもいいから、とにかくストライキやめて~~~~!!!!」
って、感じだたんだろうな~、なんて思ってしまいます。



では、おまけに最近食べた豚肉の写真でも。
最近食べた豚肉
たまにしか食べれないぜいたく品です。
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/321-c55d5e25
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。