スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
取引不成立の残念な話 
ベナンのいいもの探しをするために、ベナンに来て、もうちょっとで2ヶ月が経過します。
隊員時代には知らなかったことも、いろいろ発見することができた2ヶ月ではありましたが、
なかなか、思うように進んでいないのも事実です。

というよりも、私がぐうたらしているのが問題なのでしょう。笑



さて、今日は、結局、話がまとまらなかった残念な話を紹介します。
1月末ぐらいに、私はとあるNGOを訪問しました。
ONGの建物
土曜日だったこともあり、そこには代表の女性しかいませんでした。

何をやってるところかというと、ベナンの美味しいものをつくっているところです。
ここの商品は、ポルトノボのスーパーマーケットでも販売していて、
私も日本にお土産に買って帰りました。食べたことがある人もいあるはず!
商品例はこちら。
ずらっといろいろ商品
左から
ココラペ、ココラペミルク、ピーナッツ、カシューナッツバター風味、カシューナッツ

ベナンでは、写真のようにアルコールが入っていた瓶(ウィスキーとか、リキュール類)を再利用し、
その中に、こうやって食べ物を入れて販売します。

しかし、ここの特徴は瓶だけでなく、袋詰めにもして販売してるんです。
こんな感じ。
カシューナッツ
ベナンの美味しいものを日本に届けるのなら、再利用瓶ではダメですよね?笑

ここの団体が作っているものが美味しいのは知っていたので、
製造工程を見せてもらって、特に問題等なければ、ぜひ、日本に紹介したい!と、
代表のおばさんにたずねたところ・・・・・

なんと、
断られる!?


理由は、そういって、見学に来たヨボ(白人)は今までに何人もいる。
しかし、見学に来た後、その人達は商品を買うことも無く、二度と来なくなった。とのこと。


さて、これはどういうことなのでしょう?

製造過程に問題があるから、他のヨボ達は購入を諦めたのでしょうか?

ますます気になり、味は好きなので、ぜひ、見学させてほしい。と頼み込むと、
その女性の息子さんが間に入り、調整をしてくれて、
なんとか、後日、連絡し、作っているところを見学させてくれることとなりました。


が、1週間たっても連絡が来なかったため、もう一度連絡すると、
「日程調整中」
とのこと。

さらに、1週間。また連絡なし。
また、連絡をすると、
「見学する前に、購入する量を決めて、お金を払ってくれるのならば、見学OK」
とのこと。


そんな感じで、私の製造工程見学の野望は断たれました。

あまり、あちら側の対応が親切じゃなかったことと、
他にも、同じようなものを作っている団体はたくさんあるということ
私が住んでいるポルトノボから2時間以上かかる場所にあるということで、
ここでの取引は諦めました。

なかなか、最初から信頼関係を作るのは難しいですね。
今回は、私より前のヨボとの問題があったからこそ、余計に難しかったのでしょうけれども。。。


これらの私の好きなベナンのお菓子たちについては、他の方法を模索中です。
スポンサーサイト
 
残念ですね。 
食べさせてもらい、とてもおいしかったのに、取引をスムーズに行うのは難しいのですね。

美穂さん、ファイトです!
ベナンの布が、日本で流行している北欧テイストみたいに、受け入れられるといいなと個人的に思っています。
ベナンのモチーフは、日本には、無い感受性ですよね。
ありがとう! 
とらじろうさん、ありがとう!
他の方法で、模索中。うまくいくかは、不明だけどね。

アフリカの布は、本当にカラフルだよねー。たぶん、ただそれを紹介するんじゃなくて、ライフスタイルの中にに取り入れてくれるような紹介の仕方をすれば、いいのかな~?なんて思ってはいるけど、まだ、具体的な案はなし。

いい案がうかんだら、アドバイスまってます!

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/319-43dd45ed
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。