スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さよなら大フェット! 
日本に帰国後、とても強く感じる違和感の一つ。
それが、「歩行者優先」の道路。

ベナンでは、「車輛優先」。
「ププー」と鳴らされる=「どけないとひくよ」
そんな文化。

それが当たり前すぎて、帰国後も、道路は車が全部通り過ぎるのを待って渡ろうとすると、
日本人は止まってくれるんですねー。
親切すぎて、逆に気持ち悪いとさえ思ってしまう始末。

たった2年間ではあったけれども、そんな日常を過ごしていた結果、
やはり身になっていたようです(笑)


さて、今日は、帰国前にベナンで行った「さよならフェット(パーティー)」について、ご報告します。

最終報告会の翌日。
私とあやちゃん2人で、配属先&活動先&近所の人々&ベナン人の友人&日本人の友人を招いて、
信じれられないくらいとっても大きなフェットを開きました。
100人規模の大パーティーです。

場所は、ポルトノボ中心にあるCOOPというスーパーのすぐ隣のビュベット(のみや)。
もちろん、貸切。
ちょうど知り合いのベナン人が、パーティーの運営・食事の給仕をする会社で働いていたため、
彼を通して、企画。

会場は、とってもオシャレにこんな感じになりました。
セッティングされた会場

あとは、飲み物を冷やす。
そう、氷を買って、飲み物を冷やすのも、フェットを主催する私たちの仕事。
綺麗に並んでおります。
飲み物の準備

そして、今回のメイン。豚。
またもや、豚を一頭買ってみました。
豚のことについては、また別途ご報告します。
これが今回購入した豚です。
この豚を食べました
こんな素敵に会場設営ができ、準備も万端!?だったものの、やはりそこはベナン。
12時スタートと言ったものの、時間を過ぎても、全然、人が集まらず。

そして、食べ物も時間通りに届かず・・・・
あやちゃんと2人、やきもきやきもきしながら、待ち続けました。

結局、人が集まり始めたころに、食べ物も到着。
すでに14時ぐらいでしょうか?
本当にドキドキでした。

ちなみに、今回はバイキング形式にしてみました。
バイキング形式
正直、すっごいお金持ちがやるフェットみたいでした(笑)

こちらが、2年間、毎日挨拶し続けたセッシ兄弟。
いつもと違って、おめかしして来てくれました!
セッシ兄弟

ご飯を食べ始めた時の様子が、こんな感じ。
でも、まだまだこの後もたくさんの人がかけつけてくれました。
食べ始めたときの様子

みんなでご飯を食べたあと、
私たちが行ったのは、ダンスのスペクタクル!

そう!私とあやちゃんにとっては、ダンスをお披露目する最後の機会。
用意したダンスは3曲。
疲れた~~~~~。

その2曲目が終わった後、活動先のベアンゼン高校の皆さんからプレゼントを頂きました。
なんか、最後だと思ったら、涙がでてしまいました。
こちらが、ベアンゼンでお世話になった先生方との一枚です。
集合写真1

そして、最後の3曲目のダンス。
疲れたけれど、本当に楽しかったです。

ダンスの映像は、動画であるので、見たい人がいたら直接いってください♪

で、ダンスのあとが写真大会。
本当にこれでもかっ!?というほど、多くの写真を皆さんととりました。
その一枚がこちら。
こちらは、このフェットのお手伝いをちょっとしてくれたあやちゃんの生徒達と。
集合写真2
みんなでっかーい!


そんなこんなで企画したさよならフェット。

本当にたくさんの方が来てくれました。
そして、プレゼントも本当に多く頂きました。
2年間、こんな環境の中で活動できたことに、本当に幸せな気持ちになりました。

本当に来てくださった皆さん、ありがとうございました。

フェット中、挨拶周りで、全然、飲み食いができなかった私達。
そんな私達をみかねて、このフェットの企画をしてくれたベナン人が私たち用のご飯をキープしてくれていました。

後片付け終了後、頂いたご飯がこちら。
終わったあとのご飯
本当においしかった~。
そして、そんな優しさがうれしかった~。

お金はたくさんかかったけれど、やってよかったな~と思えるフェットでした。
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/285-c085b638
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。