スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう帰国します。 
皆さん、こんにちは。
本当にご無沙汰しています。

8月に入ってから、この今まで本当に忙しくしていました。
なかなか更新できずにいて、すみません。
(って、誰も楽しみに見てないか?笑)

9月に入ってからは、
活動についての最終報告会、お世話になった皆さんへのさよならフェット、
家の引き払いに向けての準備等々で、本当にバタバタしていました。
そして、気付けば、最終上京。
私達の隊次の送別会。

2年てなんて早いのでしょう。

今日で、お世話になった省庁・大使館へのご挨拶も終え、
明後日25日にベナンを発って、日本へ向かいます。

たくさん報告したいこと盛りだくさんなのですが、
それは帰国後になりそうです。

今日は、送別会の中で、帰国する隊次の私達の思い出の写真をそれぞれ数枚選出し、
紹介するコーナーがあったので、そこで紹介した写真について、お話します。

私が1枚目に選んだのは、2年間通ったリセベアンゼンの朝礼風景。
リセの朝礼風景
うるさくして、罰して、膝立ちをさせられているのが、本当にベナンっぽい。

そして、セットで紹介した2枚目と3枚目。
私の大好きな近所のケビン。
私がポルトノボに赴任した当時のケビン君は、まだまだ赤ちゃんでした。
ケビン君1

でも、最後のさよならフェットによんだときには、こんなに大きくなってたんです。
ケビン君2
ここで言いたかったのは、ケビンがかわいいってことだけではありません。

2年間っていうのは、あっという間だったかもしれない。
でも、赤ちゃんだったケビンが、こんな少年に成長したように、
しっかり2年という時間は流れていて、自分たちもその時間の流れの中にいたということ。

ベナンでの2年間。
ゆっくりただ過ごせば、生活するだけで終わってしまう。
でも、ケビンがこんなに大きく成長したように、協力隊員それぞれの2年間は、
すでに大人となった私達にだって、大きく成長できる可能性も含めているということ。

なーんて、そんなこと言って、私はどうだったのでしょう?

・・・・・

そして、最後の写真がこちら。
大好きな同期の写真。
大好きな同期の2年前
パリのシャルルドゴール空港に降り立ったときの、不安と希望でいっぱいだったときの写真です。
2年間、この同期には、本当に支えられました。
今まで出会ったことのない職種の仲間たち。

彼らとは、楽しかったことも、辛かったことも、いろいろと共有してきました。
本当に、彼らには感謝してもしきれません。
ありがとう。

今日の日本大使館への表敬に行ったときの写真の一枚。
赴任当初からずーーーっと私達の面倒を見てくださった、大使館の医務官との一枚。
大使館の前で
本当にベナンでの2年間は、今まで日本では接したことのないような人達と
出会うことができました。

それだけでも、大きな財産です。

もちろん、ベナンで出会ったのは日本人だけではありません。
たくさんのベナン人にも、本当に支えられました。
ベナン人大好き!笑


というわけで、9月27日の早朝、羽田空港に着きます。
10月3日まで、東京にいます。
そして、仙台に帰ります。

おヒマな皆さん、お相手よろしくお願いします。
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/281-c42745c7
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。