スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誕生日フェット2013~豚を買う編~ 
もう7月も半ば。本当に早いですねー。
そう、もうちょっとで私の誕生日なんです。

というわけで、日曜日、誕生日フェット(パーティー)を行いました。
いや~、先週はその準備で、本当に忙しかった!
(とはいえ、結局、私は何もしていないのですが・・・笑)


去年の誕生日は、お世話になっている先生と友人達をよんでフェットをしたのですが、
(去年のフェットの様子は→こちら
今年は趣向を変えてみました。

というのも、私はもうちょっとで帰国します。

帰国前にお礼の会を催そうとあやちゃんと話しているので、
続けてフェットをする必要はない!
そんな理由から、今年はとーーーってもファミリーな誕生日フェットを行いました。


毎週遊びに行っている友人・ミルカの家で、大好きな子供達を含むその家族と、
本当によくしてくれるベナン人の友人と日本人を招待しての誕生日フェット。

すっごく楽しかったです。
ハプニングもあったのですが、詳しくは次回説明するとして、
今日は、豚の話を。


そう!
なんとっ!
この誕生日フェットのために、
絶対、どこかでやろうと思っていた豚を一頭買って、さばく!
ということをしたんです(^ー^)

金曜日に、友人に頼んで豚を買ってきてもらい、実際にさばいたのは土曜日。

この写真から、豚の大きさ伝わりますか?
買った豚
けっこう、大きい!
このお値段。予算オーバーでしたが(泣)、一頭45,000F。
日本円にして約9,000円。安い!


さて、順序を追って、どうやって豚肉になるのか説明しましょう。
気持ちが悪くなるような写真はアップしていないので、ご安心ください♪
もちろん、見たい方がいたら、日本に帰国したときにお見せいたしますので、
遠慮なくお声がけくださいませ♪


まずは、やっぱり首にナイフをいれます。が、まだ頭は切り落としません。
首を・・・
彼は何のためらいもなく、やってくれました。
ちなみに、豚をさばくのも友人達が協力してやってくれました。

おそるおそる近づくちびっこ。
離れたところから覗いてみる

以前に、あやちゃんのフェットでやぎをさばいたのと同様の手順。
全体を焼きます。
焼く

そして、火からおろして毛をそる!という作業を何度も何度も行います。
毛をそる
そのうち、どんどん豚から毛がそられていきました。

そして、全部の毛がそられ、皮が焼かれた状態がこちら。
焼いていく
見た目は普通の豚。
ま、豚の丸焼きですね。
皮しか焼けてないけど。

で、全体が焼けたあとはとにかく洗う!!!
洗う
石鹸と薬草を使って、とにかく綺麗になるまで洗います。
真っ黒なこげも、このときに一緒に洗い落とします。

洗い終わるとこんな感じ。
洗い終わると・・・
白豚になりました。

その後、ナイフとのこぎりのようなものを使って、どんどん豚をさばいていきます。

うわー、ここがヒレ肉か?
ここがスペアリブか?
おっ、豚トロ?

なーんて、豚を見ながらいろいろ考えながら見ていると、あっという間に豚が半身に。
豚の半身
足がついたままですが、足さえなければ、本当に豚肉。

ちなみに、内臓はこちら。
何が何なのか?いまいちわからないものがたくさんありましたが、勉強になりました。
豚の内臓


さて、豚を買う編はここまで。

次回は、この豚をどうやって食べたのか?と、
フェットの様子をお伝えします。
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/266-5f235bf4
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。