スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
退職する先生の送別会 
ちょっとずつ前の出来事について報告していきたいと思いますが、
これはちょうど1週間前の出来事。

先週の木曜日、我がベアンゼン高校の生物・地学の先生たちの中で、
退職する先生達の送別会がありました。

2,000人も生徒がいる大きな学校ですが、
実は常勤の先生は非常に少なく10人ちょっと。
今年は、そのうちの2人の先生と実験準備室の管理人の計3人が退職でした。

ちなみにベナンでは、年齢によって退職となるのではなく、
勤続30年で退職となります。
なので、若いうちに退職する先生も多いようです。


この会は、14時集合。
15時スタート。
そう言われていましたが、ここはベナン。

ま、時間通りに始まらないだろうとみこんで(笑)、
私は14時半に学校に到着。

が、やはり人が全然おらず。

仕方が無いので、ボーーーッと2年間を過ごした高校を眺めていました。
始まらない・・・・・
ここが朝礼とかをする場所です。
敷地が本当に広いんです。

ちょっと目を奥にやると、校舎からちょっと離れたところに、
食堂兼売店があります。
ここが食堂兼売店
2年間で一番食べたものは、なんだったかなー?
おそらく、タレタレというバナナをつかった揚げ物かなー?


まー、そんなこんなで、ボーーーーーっとしたり、同僚の先生と話をしているうちに、
ちょっとずつ人が集まってきて、やっと会が始まったのは、なんと16時半!?

結局、主賓となる退職する先生達のほうが早くやってきていて、
待たせてしまう結果となりました(^^;


こちらが、退職する先生方とその家族。
退職する先生方
ベナンでは、このようなフェット(お祭り・パーティー)のときには、
1人で参加するのではなく、家族や友人を連れて参加するのが普通です。

皆さん、おしゃれでした。

最初に、生物・地学の教科主任の先生がご挨拶。
教科主任
このムッシュとは、一緒に活動こそしませんでしたが、
(彼の担当が高校2~3年生だったため)
すっごくいいおじさんで、いっつも私のことを気にかけてくれ、本当に大好きなんです。
お父さんとまではいかないけど、頼れる部長みたいな感じ?(笑)

で、そのあと、校長先生や教頭先生のお話があって、退職する先生からも一言をもらって、ご飯開始。

今日のメニューは、クスクスとアブロでした。
一緒に魚や、鶏肉を食べたのですが、この鶏肉が超美味しかった!
から揚げのような鶏肉
本当にしょうゆ漬けにされて作られたから揚げのようでした❤


ご飯を食べたあとは、プレゼントを贈呈して、もう一度、一言を頂いて会は終了。
始まるのが遅かったものの、終わったのは18時半。


この会の最中にすごく思ったのは、
この家族のような暖かい雰囲気のベアンゼン高校/生物・地学担当の先生達に囲まれて、
2年間私も楽しかったな~って。

一緒に活動した先生は、本当にわずかであったけれども、
週1回の教科会議に出続けたことで(いつも内容はわからなかったけど)、
ここのメンバーの一員になれたような気がして、幸せでした。



そして、後日談。

ベアンゼン高校の先生全員が参加する職員会議があったのですが、
そのとき、ちょっと離れていたところに座っていた私の同僚が何かメモを読んでいる。

なんだろう?と思い、チラッと見えたのは、
「みほのソワレ(パーティー)について」

書いたのは、あの筆跡から教科主任の男の先生。


そんなのをこっそりメモで周っているのを見て、本当に涙が出るぐらいうれしかったです。
なんて書いてあったのかは全然わかりませんが、
その気持ちが本当にうれしい。

私は、ベナンでも日本でも、仕事の同僚に恵まれる運なのかもしれません。

さて、学校が終わったけれども、私には補習が残っているので、
油断せず、ちゃんとその準備もしていこうと思います。
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/259-655d7445
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。