スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みんな真剣になる一年の最後の瞬間 
口の中が痛いです。
私は、よく口内炎ができるのですが、なんと、今、私の口の中には5個の口内炎が、、、、、
ほんと、やだーーーーーーー。

ちなみに、痛みを発しているのは、昨日・今日でできた舌の裏にできた口内炎。
(舌にできたから舌炎というのかな?)
これが、しゃべったり、つばをのみこんだりするたびに、歯とこすれあって痛い!

とまぁ、独り言はこれぐらいにして、
ベナンの学校ではもう1年が終わろうとしています。

そう、もう大バカンスに入るのです!



がしかし、バカンス前には、とても重要なことがあります。

そう、年間平均点の算出とその発表!!!

私の活動先のベアンゼンでも、ほとんどのクラスで年間平均点の算出が終わりました。
ちなみに、この平均点算出は、各クラスの担任の先生が中心となり、行われます。

先生によって、

1、生徒と計算機を片手に、平均点を出す方法

2、先生自ら1人で、平均点を出す方法

と主に2つにわけられます。


私が一緒に活動している1人のムッシュは、1の方法。
生徒と一緒に、みんなで計算をしました。

このクラスは、留年生が多い中学3年生のクラス。
みんな、中学4年生にあがれるか必死なのです。

(テストは全て20点満点。全ての教科の点数をあわせて、
 平均10点以上で、上の学年にあがれます。)


日本では考えられませんが、生徒の点数は全て公開制。
みんなの前で、自分の点数がよみあげられます。

で、その計算が終わると、さらに順位をつけます。
この写真、何をやっているかわかりますかー????
何をしているのでしょう?

では、黒板を拡大してみてみましょう・・・・・
拡大すると・・・・・

全てアナログのベナン。
順位をつけるのも、こうやって、平均点をよみあげ、黒板に書き写し、
その後、順位をつけていくのです。

写真をちょっと説明すると、

このクラスの1位が13.48

2~4位の 12点台が3人。(12.81、12.19、12.10)

そして、10点台がゴロゴロいて、
一番びりなのは6点台、6.13かな?

はー。

ちなみに、こちらは後期の成績。
前期ダメだったぶん、後期にがんばった生徒が多く、10点台が多かったようです。

が、時すでに遅し。

年間平均で10点行ってないと進級できません。

結局、半分ぐらいの生徒しか、ボーダーラインとなる10点に届きませんでした。
うー、、、、、


しかし、教頭先生のはからい(?)で、9.90以上の生徒は進級できるように点数調整がされました(笑)
その数、2人。
ラッキーです。

9.80台も多かったのですが、彼らはもう一度再チャレンジ。
ふー

ただ、ムッシュ曰く(9.80台等惜しかった生徒たちに向かって)
「進級したければ、この成績をもって私立にいけ。
 私立であれば、この点数だったら、中学4年生として受け入れてくれるから。
 わかったか?」
だそうです。

一説には、お金をつめば、進級できるという話もあります。
本当はどうかわかりませんが、、、、、


日本のように、エスカレーター式でほぼ進級できるのも問題がありますが、
ベナンのように、留年率が多い結果、退学していく生徒が多くなってしまうのにも問題があるように思います。

ダメだった生徒達、来年、心を入れ替えて、がんばるんだよ!
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/253-3fa21554
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。