スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブードゥー教のお祭り 
未だに、よくわからないベナンの土着の宗教・ブードゥー教。
ちょっと前の話になりますが、1月10日はそのブードゥー教のお祭りでした。
もちろん、国民の休日。

我がポルトノボのお隣、アジャラという街でこの辺では一番大きいという
ブードゥーのお祭りがあるというので、行ってきました!


10時ぐらいにスタートするらしいという噂はありましたが、ここはベナン。
連れて行ってくれたベナン人が、
「10時に行く必要はない!10時ということは、11時か12時だ。」
と言っていたので、のんびり家を出発。

結局会場に着いたのは12時過ぎ。
でも、計算どおりでちょうど始まったぐらいでした(笑)


さて、こちらがお祭りの会場。
お祭り会場
とにかくすごい人!
多くの白人、おそらく旅行者?も来ていました。

私が着くと、日本で言う桟敷席みたいなところに、早く来ていた協力隊員たちが座っていたので、
私もその近くに座って、お祭りを見始めました。



が、しかし、、、、、、、、、、、、


それから始まったのは、お偉いさん方の挨拶。
しかも、とにかくたくさん。
全然終わらない挨拶。
えんえんと、その挨拶は2時間ぐらい続きました。

完全に私の集中力は切れ、早く帰りたい!お腹すいた!
正直、そんな感じでした。

桟敷席から見える後ろのほうでは、たくさんの人達が踊ったり、
ザンベトーがくるくる回ったりしていて、早く見たーい!
そんな思いで、イライラしていました(笑)


そして、やっとのことで始まったパレード。
私の席から見れたのは、こんな感じ。
ダンス
よく見えなーいっっっ!!!

もうイライラもつのり、疲れ切っていたため、
(会場が遠かったので、思いのほか歩いたんです)
人の山をおしのけて、写真をとりに前に行く元気が残っていませんでした。

いろんな団体がダンスをしたり、ザンベトーも現れたりしました。
これはナンでしょう?
にしても、この右側の上の人形みたいなやつ。
あえて、クローズアップさせませんが、人が2人重なっています(笑)
これが近くにきたとき、周りのベナン人は大爆笑でした。

下の写真は、子どもがくびに蛇をまきつけながら、やってきたときの様子。
蛇と一緒に
ブードゥー教では、蛇は神聖な生き物です。
よくわかりませんが、こうやってまきつけて練り歩くことにも、意味があるのでしょう。


そんなこんなで、よくわからなかったお祭り。

しかも、会場を去った後、
私「思ったよりも、面白くないんだね。」
ベナン人「違う!あんな席に座ったからダメなんだ!
     普通はあの席に座ったりしないで、自分で歩いて、見たい団体のダンスとか、
     ザンベトーを見ればいいんだ!」

おーーーーーーーいっ。
もっと早く言ってくれー。
私に来年はないんだぞっ。


しょうがないので、来年は、ブードゥーフェットとウェメフェットリベンジのために、
ベナンに帰ってきましょうかね?
お金があれば!!!


ちなみに、どうでもいい話ですが、昨年のクリスマスの後から、
私は毎週フェット(お祭り)三昧です。


クリスマスフェット(12月25日)

年始フェット(1月1日)

ブードゥーフェット(1月10日)

ウェメーフェット(1月13日)

生物・地学の教科主任の先生の義理母のお葬式フェット(1月19日)

【これは予定(おそらく参加)】友人の義理母のお葬式フェット(1月26日)

【これも予定(参加するか未定)】友人のおじさんの退職フェット(1月27日)


日本でも、結婚式貧乏やお葬式貧乏って、重なるときになりますよね?

私はベナンで、フェット貧乏です(笑)
スポンサーサイト
 
すまぬ… 
その節はお疲れ様でした。パレードのほうに先に行ってしまって他見てなかったのか…本当ごめん。
私たち、10時くらいからずっと他のテントとかを周って、疲れたところで椅子席に呼んでもらったのよね…申し訳なす。
 
いやいや、なぜ、謝る!?
私のアテンドが、説明しなかったのが悪い!
てか、無理して動かないようにね~。

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/209-70607509
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。