スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある中学2年生のクラスの事実 
先日の授業中、生活指導の先生がやってきて、学級委員にとあるリストを記入して、
提出するように言って帰っていきました。

どんなリストかというと、各生徒の
・名前
・性別
・転校生か、前からいたか
・お父さんかお母さんは教師か?
・お父さん、お母さんは存命か?
という項目。

授業時間をつぶして、このリストをうめていったのですが・・・・・


このクラス総勢78名。
(って、多すぎるっちゅーに!!!)

それはさておき、

そのうち、お父さんかお母さんを亡くしている生徒10名。

ご両親を亡くしている生徒1名。


この数字が多いのか?少ないのか?
それは、わかりません。
でも、まだ中学2年生のクラス。
自分の中学生時代を思うと、この割合は高いような気がします。

ただ、あくまでこれは学校に通えている生徒の数字です。

きっと片親がいないことで、学校に通えていない子どもも多いのじゃないかなーと思ったりしました。
学校に通うことができている時点で、本当にお父様、お母様の苦労を感じます。
もちろん、生徒もきっと他の子以上に、お手伝いをしたりしているのでしょう。




そして、この授業中、なんとビックリな事実が発覚。

なんと、このクラスの生徒1名が妊娠中で休学中!?

えっ!?
中学2年生ですけど!?

しかも正確には、日本と違って中学は4年生まであって、日本より1年入学するのが早いから、
日本でいうところの中学1年生なんですけど!?


いくら年齢と学年が関係ないと言っても、15~16歳ぐらいかな?
残念なことに、顔と名前が一致しない子だったので、年齢不詳ですが、本当にびっくり。

そして、その事実に冷静な態度の生徒達にもびっくり。

うーん、これがベナン。アフリカというものなのでしょうか?

彼女の幸せを祈ります。



今日の写真は、お向かいのビーヨンが立ち上がろうとして、
手をつこうとして、滑って転んだときのものです。
ビーヨン気をつけて!
うーん、かわいいな~。
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/186-52b6c3ca
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。