スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イスラム教徒のお祭り!タバスキ(羊の犠牲祭)! 
今日は、金曜日でしたが、国民の休日ということで、学校がお休みでした!

何の日だったかというと、イスラム教徒のお祭り
タバスキ(羊の犠牲祭)!!!


ちなみに、犠牲祭ってなんだろ?と思って調べてみたら、
 旧約聖書に出てくるイブラヒムが、自分の子どもを神の生贄として奉げようとしたところ、
  「お前の信仰心は良くわかった。代わりに羊をささげなさい」
 とお告げがあった、という話に由来している

お祭りらしいです。


難しい話はおいておいて、ベナンでもイスラム教徒は多くいます。

私の住むポルトノボにもイスラム教徒が多く、一緒に活動している先生の中にも
イスラム教徒がいたりします。


モロッコのタバスキはみたことがあったのですが、
まだ、ベナンでのタバスキは見たことない!!!

そんな訳で、今日は朝からウキウキ♪


まず最初に向かったのは、ポルトノボで一番大きいモスケ・イル。
とにかく大きかった!!!
敷地がとーーーーーっても広い!!!
モスケというよりは、敷地の庭がでかい!!!
グランモスケ・イル
私が着いたのは、11時前ぐらい。
どうやら遅すぎたようで、全然人気がありませんでした。

よくよく聞いてみると、朝7時ぐらいから、ポルトノボ中のイスラム教徒がこのモスケにやってきて、
まずお祈りをし、
モスケでまず最初の羊をさばいて、
その後、それぞれ家に帰って、家で羊をさばくとのこと。

なるほどー。
勉強不足でした。


でも、このモスケの近く。
とてもイスラム教徒が多く、あっちこっちで羊をさばいていました。
しかも、普通に家の前の道で!?
そこら中でムトンが・・・・・

あっちこっちに、ムトンがいました。

ムトンをしめるときには、まず、首元をざっくり切って、
そこから血をぬくことから始めます。
あちこちで、ムトンの頭が焼かれていました。
ムトンの頭


で、血を抜いて、そのあと首から空気をいれこんで、
ムトンの身体をパンパンにさせて、毛をかります。
その状態がこちら。
でかい!!!
っていうか、でかい!!!
今日見たムトンの中で一番大きかったのは、おそらくこのムトンです。


カメラを持って歩いていると、「写真とってくれー!」とせがむ声が(笑)
そしてとった写真がこちら。
しめたぞー!
もちろん、彼が持っているのはムトンの頭です。
本当にベナンの男子は、やんちゃっこばっかりで、笑ってしまいます。



どうにかして、ムトン食べれないかな~?なんて、思っていると。。。。。

ちょっと外出した際、あやちゃんがおもむろに大家の家の中に入っていくではありませんかっ!?
そう、大家もイスラム教徒!
一緒に入っていくと・・・・・・・


突然の珍客に、いやな顔もせず、大家はご馳走してくれました。

なんと、牛肉を(笑)


大家「タバスキのときは、羊が高いんだ!だから、うちは牛だ!」

うーん、なんとも頭がいいというか、なんというか・・・・・・


でも、美味しい牛肉とワインまで頂いて帰ってきました。

あやちゃんの突撃訪問のおかげ♪
うーん、面白い一日でした!!!
スポンサーサイト
 
 
それってヤギ??羊??
てか,空気をパンパンに入れて毛を刈るっていうの初めて知った!!
どうやって空気入れるの???お尻から??口から??
理科的に色々気になるよね~ww
空気 
みっちー、私は豚の体に空気を足から入れているのを見たことがあるよ。。。

しかし、平然と死体の首とか足とかに口づけできるあたり、たくましいよね~~。
 
さすが、みっちーいいコメント!
ベナンでいうムトンは、ほとんど「ヤギ」です(笑)

そして、昨日は私も空気を入れている姿は見なかったけど、
あややが言う通り、ベナンでは、切った首元を紐でしばって、
足から直接口付けしてふくらますんだよねー。

詳しくは、
今度、あややとムトン(やぎ)買って、さばこうと思います。

にしても、日常的にこういうのを見ているベナン人に、
生物ってどこまで、どうやって教えたらいいんだろう?
と悩んじゃいますねー。

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/180-4b39be4c
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。