スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語の宿題 
どうでもいい話なのですが。。。。。

今日、中学3年生の生物・地学の授業中、教室を巡回していると、
不振な動きをしている生徒を発見。
彼がやっている様子をのぞきこむと、英語の宿題をやっている様子。

おーーいっ。

しかも、よーく彼が答えたその回答を見てみると・・・・・


『① Do I a student?』



ん?

なんやねん?


思わず、


「こんな英語ないからね。間違ってるよ。」

と、つっこんでしまった私。

数分後、また、彼の近くにいくと、今度は彼のほうから、

「みほ、これであってる?
 (回答)『Do are you a student?』」


おーーーーーーいっ。

「あのねー、違う。
 ついでにいうと、3番と5番も違うから。」

と、ついつい言ってしまう私。


日本でも、BE動詞とDOを使う疑問文を間違えてしまう中学生は多くいますが、
フランス語を使うベナン人でも同じような間違いをするんだなーと、
ある意味、微笑ましい出来事でした。


あえて、笑えない事情を言うならば、彼は今年二回目の中学3年生。
こんなのを間違うから進級できないんだっつーのっっっ!!!!!



生物・地学だけでなく、やっぱ英語も教えてあげようかなー?と思う出来事でした。
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/179-59f32033
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。