スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モロッコ旅行~メルズーガ砂漠編~ 
感動の再会を果たしたエルフード。

その後、オスマンにメルズーガでの2泊3日のツアーをアレンジしてもらい、
いざメルズーガの砂丘へ!!!



ん~、ここもすっごい変わってたなー。
何って、、、、

舗装された道ができている!!!!

12年前は舗装された道などなく、ずーーーーーっと道なき道を1~1時間半突き進む。
ホテルにたどり着く前に、立ち往生している車を見ることも珍しくなかった。

そんな感じだったのに、今では、メルズーガの街まで、砂丘のすぐ近くまで道路が舗装され、
その舗装道路には、たくさんのホテルの看板!
オスマン曰く、100以上のホテルが乱立しているとのこと。

今回モロッコに来て、発展したことで寂しい気がしたのは、
このメルズーガだったかもしれません。

ちなみに、舗装道路を外れると、道路はこんな感じ。
昔は、ここをずーーっと走って砂丘へと向かっていました。
砂漠のホテルまでの道

まー、そんなことは言っても、メルズーガの砂丘はやっぱり素敵!
今回は、ゆうことともに、1泊を砂丘の目の前のテントで宿泊することに!

という訳で、らくだに乗って、砂丘に向かって出発!
テントへ向けて出発


1時間弱ぐらいでしょうか?
ちょっと、らくだを降りて、休憩。
らくだもちょっと休憩。
らくだもちょっと休憩


その後は、ちょっとだけ、らくだを降りて、自分の足で砂漠の中を歩く。
気持ちよかったなー。

その間、ガイドは、私たちが乗っているらくだを引き連れて歩く。
たったそれだけのことなのに、絵になります。
らくだを連れるガイド

で、再度、らくだに乗って、テントに到着。
夜は、タムタムとジャンベを使って、ベルベル演奏会をしてくれました。

そして、満点の星空の元、ゆうこと2人で流れ星探し!
数え切れないぐらいの流れ星を見ました。

何をお願いしたのかって?
それは秘密です。
直接、聞いてください(笑)



翌朝は、日の出が7時ということで、その時間に合わせて起床。

朝日もとてもきれいでした。
砂漠で見る朝日


その朝日をらくだ達があびている姿も、とてもキュート!
朝日にあたるらくだ

ちなみに、私たちが泊まったテントはこんな感じ。
写真ではわかりづらいですが、太陽光発電がついていました。
うーん、さすが!!!
太陽光発電とテント

朝日を見た後は、ホテルへ戻る。
近くのテントには、たくさんの観光客がいて、途中まで、一緒に帰りました。
こんな感じ♪
ホテルに向けて出発!

ホテルまでの帰り道、どんどん太陽は昇っていき、あっという間に暑くなってしまいました。
暑い!


そして、ホテルに戻って朝食をとり、シャワーを浴びる。
その日の夜は、ホテルに一泊。

とっても大きくて素敵なホテルでした!
砂漠のホテル

なんと、ホテルにはプールも!!!!!
水着持って行けばよかったな~。。。。。
砂漠とプール

聞いたところ、今では多くのホテルにプールがあるとのこと。
完全にメルズーガの砂漠も、リゾート地となっているようです。


今回は、たった2泊3日のメルズーガ滞在。
日程に余裕があれば、1週間ぐらい滞在して、ぼーーっとしていたいところでした。


12年ぶりのメルズーガ。
大きな変化がありすぎて、寂しい部分もたくさんあったけれど、
砂丘の美しさはそのままでした。
ここに自分のホテルを建てたい!って、思ってたときあったけど、すでに乗り遅れたようです(笑)

オスマンが、エルフードのクサールに建設中のリヤドにも泊まりたいし、
メルズーガでもっとゆっくりしてみたいし、
やっぱり任期が終わったら、もう1回ゆっくりモロッコに行くしかないかな?
と、今は思っています。


という訳で、次回は最後。
世界遺産だよ!フェズ・メクネス・ヴォルビリス編です。
スポンサーサイト
 

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/166-342beefb
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。