スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内臓ゲーム 
今日は、水曜日に行った補習のお話です。

水曜日は私の担当で理科!
この日のテーマは、「人間の消化器官」。
ベナンでは、中学1年のときにさらっと学習し、もう一度中学4年生のときに、詳しく勉強します。

そんな訳で、楽しく学ぼう!というモットーのもと、
『内臓ゲーム』(あやや命名)を実施。


ルールは簡単。

グループ毎に、問題に取り組みます。
その答えがあえば、内蔵か、内臓の名前か、消化液の名前が書いてあるカードをゲットすることができます。

最終的に、全ての問題に答え、そのパーツを集め、
最後に紙に貼って終了!てな感じ。


きちんと、グループ毎に協力しあって、問題に答えます。
グループ毎に考えます


問題は、私かあやちゃんから出されます。
そのため、あやちゃんのまわりに集まる生徒たち。
あやちゃんからは、生物・地学に関する問題に限らず、数学の問題も出されます。
問題に挑戦中
けっこう、あやちゃんからの数学問題にてこずっているようでした(笑)
みんな、がんばれーっ!!!



全てのパーツを集めたら、のりで貼り付けます!
自分の体の中もこうなっているんですからねー。
ちゃんと考えてはってね~。
のりで内臓を貼り付けます



そんな訳で、できたのがこんな内臓。

グループA
グループAの内臓

グループB
グループBの内臓




う~ん、どちらも味のある内臓配置ですね。


小腸と大腸の位置関係は把握できているようでしたが、他が2チームともバラバラ。

なるほどねー。
日本の子供が挑戦しても、こんな感じになっちゃうんでしょうかね?
すい臓が縦にわざわざ立って配置されているのが興味深いですね~。

私自身も非常に勉強になった内臓ゲームでした。
準備は超大変だったけれど、これを見てくれたマダムが、
「来年の授業でやってみようかしら?」
と言ってくれたのが、何よりうれしかったです(^ー^)


ちなみに、このゲームのアイディアを提供してくれたのはあやちゃん。
ありがとう!

そのあやちゃん目線からの内臓ゲームの印象はこちら



まだまだ、発展性のあるゲームなので改善していきたいと思います。
そして、来年度の授業で生かしていこうかな~♪
スポンサーサイト
 
 
これは日本でやっても、消化器の辺りはあやふやなんじゃないかなぁ~?
私もあやしいかもな~(笑)
 
そうかな?(^^;
いやいや、しーちゃんなら大丈夫でしょ?(笑)
あまりにも、個性的な内臓地図ができあがったので、
また、この内臓地図を来月の授業でも実施しようか悩み中。

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/150-283cff16
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。