スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終報告会の様子 
バタバタしている間に、仙台の実家まで帰って来てしまった私。

でも、ベナンで学んだことをもうちょっと報告していきます。


今日の話は、最終報告会の様子。
協力隊員は任期中、2回の報告会をしなければなりません。
それが1年が経過した頃に行う中間報告会と任期終了前に行う最終報告会
ちなみに、中間報告会の様子→こちら

この最終報告会。
私は配属先が同じあやちゃんと一緒に、9月6日の金曜日に実施しました。

JICAの調整員はもちろん、配属先でお世話になったベナン人、
そして2年間、私達と一緒に活動をしてきたベナン人先生。
総勢20名弱ぐらいでしょうか?
その方々の前で、私たちがこの2年間で行ってきた活動と、それを通して学んだこと等を発表しました。

こちらがその全体の写真。
1zentai.jpg

報告会が始まる前には、私達がこの2年間で作成した教材をはっておきました。
そして、ジャンケンで勝った私から最終報告。
2watasi.jpg
今回もあやちゃんとおそろいで以前に作っていた民族衣装を着て、行いました。

私のあとはあやちゃん。
この写真は、算数ばばぬきを紹介している様子です。
3ayaya.jpg

2人それぞれのプレゼンのあとには、それぞれコメントも頂きました。
彼女が私が一番お世話になったオノリン先生。
3honoline.jpg

この最終報告会では最後の最後まで、心温まるコメントをたくさん頂きました。
2年間の活動の中で、自分が残せたものってほとんど無いな~なんて、ついつい思ってしまうのですが、
一緒に活動してきた先生方の話を聞いていると、
ちょっとは残っているものもあるみたい。と、うれしくなったりしました。

とはいえ、私が学んだことの方が多かったと思ってますけどね。

これが最後に撮った写真。
5minna.jpg
この写真、アットホームな雰囲気がでていて、本当に好きです。

本当にお世話になった皆さん、ありがとうございました!
スポンサーサイト
生物・地学の先生たちとのさよならフェット(パーティー) 
みなさん、こんにちは。

9月になりましたね。
そうです、今月、私は帰国します!

きゃ~、早い2年。

2週間後には、ポルトノボの家を出なければいけないのですが、
その前に、いろいろ事件があって大変!?
詳しくは、帰国後にでも直接聞いてください。

というわけで、本当に8月からずーーーっと忙しい!!!
本当に、ヒマない!
今週がピークかっ!?

まっ、いっっか、あとちょっと。


さて、今日紹介したいのは、
先週の水曜日に、帰国する私とあやちゃんのために、
私が二年間活動したベアンゼン高校、生物・地学担当の先生たちが
計画してくれたさよならフェット(パーティー)の話。

もう、本当にうれしい限りです。


毎週木曜日の夜、かかさずに、教科会議に参加し続けた結果でしょうか?
お金がないのに、フェットを企画してくれ、
おまけにサプライズプレゼントまで頂いてしまったんです。

フェットの中でみんなから一言ずつ、温かいコメントを頂きました。
初めて、第三者から見た私のベナンでの活動の印象を聞いた気がしました。

しかも、みんな優しいからいいことしか言わない(笑)
みなさん、本当にありがとうございます。

ちなみに、会場となった実験室に入ると、黒板にたくさんのメッセージがすでに書かれていました。
黒板メッセージ
ベナンでも、こうやって黒板にデコレーションする文化があるのだと、びっくりしました。
本当にうれしい!!!


こちらは、教科主任と活動も一緒にしていた教科副主任の2人と私達。
お世話になった2人と
教科主任の男の先生は、今年で退職でした。
彼はいつもお父さんみたいに、優しく接してくれました。
冗談いいあったり、楽しかったなー。

副主任のマダムは、ずっと活動を支えてくれた私にとって重鎮。
本当にお世話になりました。
言葉では言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。


最後に、みんなで一枚写真をとって終了。
みんなで一枚
私と彩ちゃんがきているのが、今回プレゼントで頂いたベナンの伝統的衣装のボンバです。

フェットのあと、家までの帰り道、これを着て歩いていたら、
たくさんのベナン人に褒められました(笑)


そういえば、私、すごい太りました。
このベナン滞在、最後の今、けっこうやばいです。
日本で会って、びっくりしないでくださーい。
最後の隊員総会 
帰国まであと1ヶ月です。

そう、今日は8月25日。
1ヵ月後の9月25日に、私達は飛行機に乗って、日本へ帰ります。

とまぁ、そんなわけで、なんやらかんやら、やることがいっぱいです。


昨日は、仲良しベナン人一家が我が家に遊びに来ました。
そのため、前々日からおうちを大掃除&大方付け!
なんたって、子供に何をいたずらされるかわかりませんから(笑)

おかげで、サロンはだいぶ綺麗さっぱりになりました。

でも、まだまだ2年間でためこんだものは、家にたくさんあります。
引越しというより、この家からの撤収準備もちゃくちゃくと進ませなければいけません。
さ、今日もがんばります!


というわけで、今日は最後の隊員総会の話をします。
隊員総会は、年に2回。
ベナンにいる全協力隊員が出席し、隊員間での情報共有や勉強会などをするものです。
今回の総会が私達にとっては最後でした。


今回、特に印象に残っているものの一つ。
JICAベナン事務所ナショナルスタッフ(現地ベナン人スタッフ)の講和。

ベナン人スタッフから見た、日本人ボランティアの姿。
どんな隊員がベナン人に評価され、その中に印象として残っていくのか。
昔いた隊員でも、いまだに頻繁に名前があがる隊員も多いそうです。
なかなか興味深かったです。

また、興味深かったのはJICS(日本国際協力システム)のスタッフの方の講和。
話してくださった方は、なんと元ベナン隊員。
5年ぐらい前ですが、ベナンで隊員として活動していた方でした。
とても気さくな、素敵な女性でした。
ちなみにJICSは、ODAを使って、ベナンに学校を建設するさいの監督をおこなっているそうです。

他にも、隊員の活動報告もあり、みんなすごい活動しているなー!と、本当に勉強になりました。


最後の総会も、本当にいろいろ学ぶことが多く、またとても楽しいものでした。
総会執行部の皆さん、お疲れ様でした。


そして、今回私が総会で行ったこと。
私の任地・ポルトノボ一村一品販売。
こんな感じ。
一村一品販売
たくさんの方々に買っていただきました。
ありがとうございます!!!

この準備のため、8月入ってからは、本当に忙しかった!
補習と一村一品販売準備。
でも、充実してたからいっか?


で、こっから先は。雑談。
総会1日目の夜。
よく隊員の面倒を見てくださっている方が、私達同期をご飯に招待してくださいました。
そのときの1枚。
何をしているのでしょう?
必死の同期たち
そう、手相をみてもらっているんです(笑)

にしたって、いくら帰国を1ヶ月前に控えているとはいえ、
手相占いに必死すぎる私の同期たち。
いやいや、自分の未来は自分で切り開くものです。
ま、といいつつ私も見てもらいましたけど。

帰国後この占いを参考に、がんばりましょう!



あとは、1日目のお昼に食べたご飯。
串焼きとフライドポテトと、アロコ(揚げバナナ)、リオグラ(ピラフ)
ブロシェット
う~ん、美味しかったー。

そして、2日目のお昼ご飯。
アッベリ(とうもろこしの粉とキャッサバの粉からつくる)とチーズ。
アッベリ
これもまた、美味しかったです。

最近、太り気味ですが、あとちょっと。
ベナン食もしっかり食べたいと思っています。
クールドゥバカンス~算数ばばぬき・びゅんびゅんゴマ編~ 
日本では身近ではないかもしれませんが、イスラム教徒のラマダン(断食)が終わりました。
ベナンでも、多くはありませんが、イスラム教徒は存在します。
そんなわけで、ラマダン明けの本日は『祝日』

だったのですが、私達も、補習に来ている生徒もイスラム教徒ではなかったため、
今日も普通に補習をやってきました。

今日は2日間の様子をご紹介。


昨日の担当は、あやちゃん。

これまで何度か実施している『算数ばばぬき』をみんなでやりました。

しかし、この算数ばばぬき。
難しいんです。
特に、ちょっとした計算が苦手なベナン人。
実際にばばぬきを始める前に、計算練習からスタート。
計算中
いや~、本当に大変そうでした(笑)

で、その後、ばばぬきのルールを確認しながら、本番の算数ばばぬきスタート!
とっても計算が大変そうでした(笑)
ばばぬき
私やあやちゃんに、自分がもっているカードを全部見せて、
「この中にペアはあるか?」
と聞きながら、ばばぬき。
「ある」
と言っても、計算できず、ペアを捨てられないこともしばしば。

結局、私とあやちゃんが勝ってしまいました(笑)



そして、祝日の本日。
本当に来るかわからないな~、なんて言いながら、いちおう図工キットをもっていきました。

そう、今日のテーマは、図工。
日本ではお馴染み(?)のびゅんびゅんゴマを作って遊びました。
ダンボールをきって、おりがみで装飾。
びゅんびゅんゴマを作る
図工の文化がないベナン。
はさみの使い方がへたくそで、笑ってしまいましたが、
なんだかんだいって素敵なびゅんびゅんゴマができました。

しか~し、今日大変だったのは、後半。

学校にお母さんの付き添いでやってきた子供達がやってきて、
みんなでびゅんびゅんゴマで遊ぶ。遊ぶ。遊ぶ。

そして、作る。作る。作る。

赤ちゃんもやってきて、もうそこは、保育園?学童?
的な感じで、収集がつかなくなってしまいました。
その状況でカメラをだしたら、みんなからの「撮って」攻撃にあうと思い、
結局、写真も全然とれず。

楽しかったけど、なんだか残念(笑)

ま、いい経験になりました。


そして、ちなみに・・・・
昨日、カレーを作って、あやちゃんや同期のまきことともに食べたのですが、
突然、私の誕生日会リベンジになりました(笑)
2人とも、飛行機のせいで誕生日会に来れなかったのでね。

カレーを食べたあと、わざわざあやちゃんがバナナケーキをやいて、
ろうそくをつけて、お祝いしてくれました。
ありがとう!!!
手作りケーキ❤
振り返ってみると、あやちゃんには三年連続で誕生日をお祝いしてもらっています。
不思議なつながりですね。


さて、明日で前半戦の一週間が終了。
あと1日がんばります!
クールドゥバカンス~袋ロケットを作ってみよう編~ 
さて、昨日から私と彩ちゃん主催の『Cours de vacances(夏休みの補習)』が始まりました。

他の先生や学校が行う補習と、時間や期間がかぶっていることもあり、
多くの生徒が来れるのかどうか、不安だらけでしたが、
今日は、なんと2人も来てくれました!

良かった~♪

というわけで、本日行ったのは、実験「袋ロケットを作ろう!」でした。


これは、日本だったらスーパーとかで置いている長い傘をいれる袋を使って行うのですが、
「そんな袋、ベナンにはない!」
ので、ベナン人にとって身近なちょっと長めの袋で、いつもジュースを入れて売るのに使っているものを
今回の実験では使ってみました。

皆さん、真剣な表情で作っています。
みんなで作る
おもりの数や、おもりをつける位置で飛距離が変わるのですが、
なんとな~くわかってくれたのでしょうか?

人数も少なかったので、自由に任せて、やってもらいました。
思った以上に楽しそうにやっていたのが印象的。

いろんなところにおもりをつけたり、いろんな形の翼をつけたり、
個性あふれるロケットがいくつもできました。

こんなのや
できた!
こんなの
こっちもできた!

そしてできたものは投げる!
投げてみる!

ま、でも、最終的には、個人の力による投げ方によって、飛距離が変わったような気がしますが、
それは仕方ないでしょう。

楽しんでもらえたのなら、私は満足。
なんて、本当の理科の先生なら原理とかも教えなきゃいけないのでしょうが、
ついつい楽しみが中心になってしまいます。
ダメですね。


補習はまだ始まったばかり。
2週間。
明日は何人来てくれるかな~???
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。