スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもと過ごした半年間 
日本は、本当にもので溢れている。
まだ、帰国して一週間もたたないけれど、ものの多さに本当にびっくりしてしまう。
便利グッズもたくさんあって、本当にベナンとの差を痛感する日々。

そして、ベナンとの大きな違いは子どもの数。
子どもの扱い方。

ベナンでは子どもをみかければ、全然知らない子であっても、
つい話しかけてしまうし、ついほっぺとか触ってしまう。
だって、かわいいんだもん!

日本でそんなことしたら、通報されてしまうかもしれない。そう思うとできない。
なんだか、切ないですね。

と、前置きが長いのですが、私がベナンを発つ前日。
一緒に暮らす子どもたちが、私に手紙をくれました。

一番上のお兄ちゃん(中学2年生ぐらい)が中心になって、
一生懸命、書いてくれました。
内容は、もったいないので内緒ですが(笑)、思わず、みんなの前で涙がぽろっと出てしまいました。

隊員時代の2年間も、学校で子どもたちにもみくちゃにされ、
帰宅してからも近所の子どもたちに囲まれ、
たくさんの子どもと触れ合った2年間でしたが、
今回の半年間は、身近な子どもからたくさんの愛情をもらった半年間でした。

小さい子たちは、フランス語が上手に話せないため、
言葉でのコミュニケーションはあまりできたとはいえません。
それでも、一緒に笑って、同じものを食べて、彼らが悪いことをしたときは、本気で叱って
という日々。

いや~、充実してたなー。
子どもたち全員、すでに私の子どもです。
帰国してから、2回ほど電話しましたが、もう子どもたちの声が愛しくて❤

「また帰るから待っててね。」
と言ったら、今度小学生になる子が
「私が日本に行くから、みほが待ってて!」
と。あー、なんてかわいい。

写真は、この半年間、一番私に抱っこされていたトビ。
ma fille
連れて帰りたかった~!
スポンサーサイト
タイヤで遊ぼう! 
ベナンのガソリンの値段が急上昇しています。

先日紹介した、ベナン式セルフスタンドで、先週1リットル375フラン(約75円)だったのが、
本日、1リットル475フラン(約95円)。
日本円でも20円上昇するって、すごいことだと思いますけど、ベナンでは大騒ぎ!

セルフスタンドで、この値段ということは、他のところだと、
1リットル600フラン(約120円)するところもあるんだとか!?

この理由は、何人かのベナン人に聞いたものの、みんな口をそろえるかのように、
「ヤイボニ(大統領)のせいだ!」
と。いろいろ聞くのですが、彼が何をやって、どうしてこうなったのかまでは、不明です。
すみません。

早く、通常の価格まで戻って欲しいものです。


最近、ネタ切れですが、たまには子どものことでも、紹介しましょう。
日本に帰国したとき、
「ベナンの子どもたちは、何で遊んでるの?」
と聞かれたことがあったので、その一例を紹介。

日本のように、ゲームが普及しているわけではありません。
おもちゃだって、あちこちにある訳じゃないし、おもちゃを買うお金がない!というベナン人も多いです。

話がそれますが、クリスマスプレゼントも、
「うちはお金が無いから、クリスマスプレゼントはないんだよ。」
と、親は子ども達に直接言います。
サンタクロースが夜中にやってきて、そっと枕元にクリスマスプレゼントをおいていく・・・
なーんてやっているベナン人宅は、聞いたことがありません。


では、本題。
私のアトリエの家の子どもは、よくこうやって遊びます。
私が写真を撮ると言ったので、ちゃんとかまえてます。
ボクがやります

はい、スタート!
上手でしょ
上手に、バイクのタイヤをコロコロと走りながら転がしているわけです。
上手でしょ2
この光景を見ると、昔、祖母が田舎の町内運動会で、このタイヤを転がしながら走る競技にでていたことを
思い出します(笑)

ちなみに、彼は3歳。幼稚園に通っています。
とても上手にタイヤで遊びます。
たまに、彼は自分で車のおもちゃを作ったりしているので、次のチャンスで写真を撮って紹介します。

彼の写真を撮っていると、当然のように、お姉ちゃんもやってきて、
「私も上手にできるから、写真とって!」と。
お姉ちゃんもできます
頭がきれちゃいましたが、確かに、弟くんよりスピードが速かったです。

こんな感じでベナンの子ども達は、タイヤで遊んだりもします。
でも、あくまでこれは一例です。
また、違うのも紹介します。
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。