スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベナンの子どもの遊び~その2 

4月になりましたね!

新生活のスタートをきった人も、多いことでしょう。
私も、気持ちを新たに、もうちょっとがんばります!

とはいえ、今日、久しぶりの大失敗。
毎日の朝の日課。
井戸の水汲みで失敗。
左指(親指と小指を除く)を打撲(?)してしまいました。
関節が、腫れています。。。
こうやって、PCの文字をうつのも痛いという・・・・
気をつけまーす。


さて、今日は、子どもの遊びシリーズの2弾。
子どもを持つママに聞かれた
「ベナンの子ども達は、何して遊ぶの?」
にお答えします。

前回の記事は→こちら
前回は、愛娘トビの遊びについて、紹介しました。

今日は、アトリエの主の息子。
いたずらっこのチェグンについて、紹介。

彼は、小学1年生。やんちゃ盛りです。
そんな彼、なぜかわかりませんが、図工が得意。
というのも、何でも自分で作ろうとするんです。
ベナンにもいるんですよ!そんな子。

彼が作ったものの中でも、傑作中の傑作。
私に、自慢げに見せてくれました。それが、こちら。
手作り携帯
これ、すごい!
なんだか、わかりますか?
そう!!携帯電話!!!
学校で使うノートを使って、携帯電話を作って遊んでました。
このクォリティ、素晴らしい!

そして、彼が、よく遊んでいるのがこれ。
プロペラ
なんだか、わかりますか?
日本の小学校でも、理科でやるんじゃないかな?
風車?って、言えばいいんでしょうか?プロペラ?

「僕が作ったんだよ~。写真に撮って~。」
僕が作ったアピール
どうやって遊ぶのかというと、これの木の部分を持って、猛ダッシュ!!!
ダッシュして遊ぶ
葉っぱの部分を思う存分、回して遊びます。
道路で猛ダッシュ!っていうのが、危ないんですけどね・・・・・

そして、何でもおもちゃにするチェグン。
とある日は、こうやって遊んでました。
何をしているのでしょう
なんだか、わかりますか?

そう!
裏庭に落ちていた花を拾って、花と花をつなげて遊んでるんです。
くっつけて遊ぶ
くっつけて、数えては、離し。
もう一回、くっつける組合せを変えて、くっつけて、数えては、離し。の繰り返し。

とっても楽しそうでした!

でも、こういう遊び。
きっと、日本の子どもだって、するんじゃないかな?どうでしょ?

おもちゃがなくたって、子どもがすることは一緒ですよね♪
スポンサーサイト
ベナンで迎える3回目の誕生日♪ 
全然、ブログが更新できてなくて、すみません。
帰国を目前にし、バタバタしていることもあるのですが、
インターネットのクレジ(前払いのプリペイド制)がなくなってしまって、
けちりながら、ネットをしていました(笑)

そんな中、昨日、私は誕生日を迎えました。
ベナンで迎える3回目の誕生日!

今年は、金欠のため、誕生日会を特にしない予定でいますが、
なんと、そんな私に、子ども達がお祝いをしてくれました!

しかも、手作りケーキと一緒に♪

朝から、「誕生日おめでとう」の電話攻撃とケーキ持参でのお祝い。
こんな子ども達に囲まれて、私は幸せじゃないか~❤
なーんて思った誕生日でした。

さて、もうちょっとで帰国します。

帰国したら、いろいろ書き溜めていること、ゆっくり書きたいと思います!

そして、ベナンで作った品々、販売開始しまーす。日本でも♪

というわけで、お楽しみにお待ちください!
誕生日フェット2013~フェット当日編~ 
さて、連載してきた今年2013年の私の誕生日フェット。
今日が最終回。
今日は、当日の様子を紹介いたします(^-^)

でも、その前に・・・・・


前日の土曜日、ご馳走を作っているときに、知らない番号から電話がかかってきました。
とはいえ、ベナンからではなかったので、もしかしたらと思って、電話に出てみると、
やっぱりガボンに滞在中のあやちゃんからでした!

なんと、その用件は、
『予定していた飛行機が飛ばないことになってしまい、今日、ベナンに帰れない。
 なので、明日のみぽりんのフェットには行けない』
と(T_T)

というわけで、招待していた私の同期、4人がいっきにフェットに来れなくなったんです。

おーーーーーーーーーーいっっ!!!


まぁ、でも、仕方ないですね。
元々、アットホームな感じでフェットをする予定だったので、
よりアットホームにすればいいだけの話で・・・・
でも、同期が4人も来れなくなり、意気消沈。
楽しみにしていたベナン人もがっかり。

前日は、そんな感じでした。。。。。


いやいや、気を取り直して、当日の様子を。

当日は、招待していたベナン人全員が来てくれました!
そして、日本人ボランティア❤
当日呼び出したEちゃんも来てくれて、本当に感動です。

フェットの様子はこちら。
フェットの様子
髪の毛を金髪にして、あみこんでいるのが私です(笑)
自分の誕生日ですし、せっかくなので、あみこんでみました。

会を始めるまでの待ち時間が長かったですが(笑)、ベナンタイムなので仕方なし。
みんなでご飯を食べ始める前に、一言、日本人ボランティアのづかちゃんからコメントを頂いたのですが、
それが超感動。

づかちゃん、ありがとう!

彼女のコメントを聞き、あと私はベナンに2ヶ月しかいないのだと実感。
涙が零れ落ちそうでした。


さてさて、このフェットのメインの一つである家族へのお礼。
いつもお世話になっているミルカファミリーに、大人も子供もいっぱい食べて飲んでもらえたかな?

子供達もこうやってやってきて、誕生日おめでとうの歌をうたってくれました❤
大好きな子供達
私は本当に幸せものです。


でもね、お礼のつもりでひらいたフェット。
やっぱり、女性陣には迷惑をかけてしまいました。私達が飲んで食べて、話している横で、
いつものようにご飯を作り続けてくれていたんです。
働く女性陣
メメ、ママジスカ、ママフィファ、ミルカ、本当にありがとう!!!

食べかけですが、これがご馳走!
これがご馳走
メインの豚肉の串焼きとアカサ。
本当に美味しかったです。
本当に作ってくれた女性陣、ありがとう!
感謝しても、感謝しきれません。

そして、うれしかったのがづかちゃんが作ってきてくれたケーキ。
頂いたケーキ
チョコレート入りで、本当に美味しかったです。
本当にありがとう!


そして、最後のしめは・・・・・タレタレ。
タレタレ❤
バナナをすりつぶし、小麦粉とあえて、あげたものです。
これが本当に美味しいんです。

ちなみに、こちらは女性陣からのプレゼント。
私が頼んだメニューではありません。
美味しかったです。
本当にありがとう!


とまぁ、こんな感じ(伝わったでしょうか?)のアットホームな少人数フェット。
少人数だからこそ、みんなで楽しく話をできて、本当に良かったです。
お世辞でもなんでも、みんなから「楽しかった。ありがとう」と言ってもらえただけで、
本当に私は良かった!

あと2ヶ月、皆さん、本当によろしくお願いします。


そして、帰り際、うれしいプレゼントを子供達から頂きました。
中身はピアス。
写真はとったけど、大事にしたいので、秘密にしておきます。

子供達からプレゼントをもらうなんて、本当に驚き。
本当にうれしい!
ありがとう、ケミ!ジスカ!

とまぁ、こんな感じで誕生日フェットは幸せに過ぎていきました。


私は幸せな星の元に生まれたのでしょう(笑)
こんな私に産んで、育ててくれた、お父さん、お母さん、本当にありがとう。



実は、このブログを書いているのがベナンでは、誕生日当日。
当日の話は、また報告しまーす。
アゲゲに行ってみよう! 
ベナンでは、3連休でした!
久しぶりに、コトヌーに行って、美味しいインドカレーを食べてきて、満足。
ま、コトヌーには、遊びではなく、先輩隊員の送別会を行う会場を選びに行ったんですがね♪

美味しいものがあるコトヌー。
でも、高い!!!
やっぱりポルトノボで、ベナン食食べながらビール飲むので十分だな(笑)


さてさて、先週末の話なのですが、ポルトノボのお隣にあるアゲゲという某隊員曰く
”行くだけでアゲアゲな気分になる町”に行ってきました。

ここは、なんと水上集落。
前に行ったことのある同じような町としては、ダンボ(→こちら)・アジョウン(→こちら)があり、
この3つの町は、どうやら同じ川というか、谷にそって並んでいる町のようです。

というわけで、この町には、ポルトノボから船で行きます。
船はこんな感じ。
ピローグで出発
貸し切る予定だったのが、いざ出発しよう!としたら、結局ベナン人でいっぱいになりました(笑)

船着場を出て、綺麗な水の色ではありませんが、
こんな中を40分かけて、アゲゲへと向かいます。
ここを進みます
ちなみに、この船は手漕ぎではなく、モーター着き。
それだけ、アゲゲまでは遠いということなんでしょうね。

アゲゲまでの行く途中には、たくさんの魚を囲って捕まえるところがありました。
私が食べている魚の多くは、ここで捕れたものなのかもしれませんね♪
写真は、猟師さんの休憩所だそうです。
猟師さんの休憩所
川の上にありますねー。
実際に、休んでいる猟師さんも何人かみかけました。

で、進むこと40分。
アゲゲの町が見えてきました。
いくつかの集落に分かれているようで、お客さんはちょっとずつ降りていきました。

今のベナンの季節は、乾季が終わって雨季が始まったばかり。
そのため、まだ、水は少ないほうです。
写真でわかると思いますが、アゲゲの町の家は、ほとんどが高床式でした。
やっかり高床式
これで水の量が増えても、床上まで浸水しないように考えられているのですね。

ちなみに、日本の援助で建てられた建物もいくつかあるようでした。
日本の援助ですねー
ただ、協力隊員は誰も配属されていません。

アゲゲの学校。
やっぱり高床式。
学校の様子

教室の床は、なぜか砂。
床が土?

そして、校庭にはたくさんの牛。
牛がいっぱい

アゲゲの町を歩いていたら、たくさんの家畜があちこちにいました。
中でも、豚がすっごく多くいたような気がします。
気のせい?
家畜が歩き回っているため、道路は家畜の糞だらけ(笑)

家に着いてから、ちゃんとサンダル洗いました。


今回、ラッキーなことに、ちょうどこの町の王様がいて、実際に王様に話を聞くことができました。
(ベナンには、昔からのたくさんの王様がいます。)

王様曰く、1,400年前頃に、アボメイとの戦争から逃げてきた民達がこの町を築いたとのこと。
水に囲まれた町なので、自分の身を隠すことができるのはもちろん、みつけられても、
簡単には攻め入ることができませんからね。

ちなみに、同じような理由で出来た水上集落・ガンビエ。
この町は、ベナンの観光都市として発展しています。


お隣の町、アゲゲ。
全然、ポルトノボと異なる町で面白かったです。
案内してくれたベナン人高校生(名前忘れちゃった・・・・・)ありがとう!!!
同期隊員が住む街~グラズエ~ 
この週末は、同期隊員が住む北の街「グラズエ」へ同期隊員で行ってきました!

そのときの2泊3日の様子をダイジェスト版でご報告いたします。


まずグラズエは、ベナンの経済首都コトヌーから、車で約5時間の場所にあります。
電車が走っていないベナンでは、長距離移動は基本的にバスを使って移動します。

ちなみに、私はベナンに来て初の長距離バス。
土曜日の朝7時発のバスに乗り、
車酔いしなければいいな~なんて思って、バスにのっていると。。。。

10時半頃でしょうか?
グラズエまで、まだ半分も来てないところで、急にバスがすごい音をたて始めました。

ギゴ、ギゴ。ゴー。ゴー。

強引に運転し続ける運転手。
すると、後ろに座っていたベナン人が。。。。


「におう!におう!臭いぞ!運転手!とめろ!」

確かに、変な臭いが(>_<)


結局、修理が必要で、ほぼ全員、バスから下車。
バス止まる!?

修理にもとても手間取っており、我々もバスで行くのを断念し、
他の手段を探したのですが、なかなか見つからず。
このミニバスみたいなのは、すでにいっぱいで乗れません。
タクシーもいっぱい。。。
結局、通りすがりの親切な中国人に乗せられ、途中の大きな町まで行くことができ、
その後、タクシーをみつけて、なんとかグラズエに到着しました!


グラズエは、思っていたより、田舎ではありませんでした(笑)
それでも、幹線道路以外は、全てこのような道。
グラズエの田舎道
ポルトノボとは、やはり異なります。


そして、1日目の夜はさんざんおしゃべりをし、2日目はみんなでそろって教会へ♪

我がH23-2お揃いの生地で作った洋服でおでかけ。
(私だけ、訳あって着れませんでしたが。。。)
教会へ向かう様子


教会はこんな感じで、歌をうたう人達がいます。
ゴスペルと言いたいところですが、ザ・アフリカンな仕上がりです。
でも、とても楽しかったです。
教会はこんな感じ

そして、この日のお昼は、評判のイニヤムピレ(イニヤムという芋を、餅のようについたもの)
もちもちの食感がとても美味しかったです。
よく伸びるのも、本当に餅のよう!!!
ポルトノボのイニヤムピレも美味しいけど、グラズエのも最高に美味しかったです(^ー^)
イニヤムピレ


ちなみに、このグラズエのおうちは、ベナンの協力隊員が暮らす家の中でも、1、2を争う豪邸!!
とにかく、でかい!!!
みゆきちゃんちの外観


庭も広く、なんと庭にはマンゴーの木が2本も!
ベナンでは、これからマンゴーの季節を迎えます♪
この庭でとれたマンゴー、本当に美味しかった~~~~!!!
マンゴーの木

で、この庭にはグァバの木もあるんです。
グァバなんて、日本じゃ、そーそー食べないですよねー。
これがその木。
ちょうど、すわり心地がいいとかで、彩ちゃんが座り始め・・・・
グァバの木にて

その後は、この木と共に、写真大会。
そのうちの1枚はこちら。
なかなか、よくとれてますね(笑)
みんな、木の上にのぼってますよー。
グァバの木にて~雑誌の表紙を狙う(笑)
本当は、面白写真いっぱいあるのですが、ここではのせきれないので、
あとは、フェイスブックで確認くださいませ♪


そして、2日目の夜もさんざんみんなでおしゃべりをし、あっという間に3日目。

帰路につくまえに、みゆきちゃんの職場を訪問。
みゆきちゃんは看護師として、グラズエの保健センターで働いています。
入り口にて♪
写真のテーマは、新婚旅行(笑)
グラズエの健康センター

ここには、とても立派な救急車もありました。
ベナンにも、救急車あるんですよー。
救急車


そして、こちらの建物が産婦人科。
この日も、たくさんの女性がいらしてました。
産婦人科はこちら


2泊3日という短い期間でしたが、とても満喫した同期会でした(^ー^)

何よりすごかったのは、みゆきちゃんのビアン接待!!!
同期隊員同士、気を使う必要も無いのに、
朝ごはんから晩ごはん、そしておやつまで!!!本当にこれ以上に無い接待をうけました。

みゆきちゃん、本当にありがとう!
次回、ポルトノボに来たときは、負けずにきちんと接待するので、
遠慮なくきてね!


ベナンは他民族国家なので、違う土地に行くと、
違う言語をしゃべっていたり、そこに暮らす人の顔つきも異なっていたり、
いろいろと発見があります。


まだ、行っていない同期隊員の街があるので、そこにも行きつつ、
限られたベナンの活動の中で、いろんなベナンに出会っていきたい!と改めて、
思った旅行でした♪
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。