スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベナンの国会議員選出選挙②~選挙活動 
ベナンの国会議員選出選挙の様子をリポートする第2弾。
今日のテーマは、選挙活動。

選挙活動の基本といえば、まず、ポスターではないでしょうか?
ベナンでも、投票日の2週間前ほどから、
あちこちに、ポスターと大きな看板が街中で目立つようになりました。

下の写真は、ポルトノボの幹線道路の様子です。
道路沿いにはられるポスター
ベナンでは、各選挙区の立候補者に投票するのではなく、
政党に投票するんだそうです。
日本で言う、比例代表制の方法を選挙区毎にとっているようです。(おそらく)

そのため、ポスターは直接、立候補者をアピールするのではなく、
政党をアピールします。

その政党の『顔』となる有名な政治家や
政党の代表をアピールするか、
政党のロゴマークをアピールしているものがほとんどです。

下のポスターは、現ベナン大統領ヤイボニさんの政党・FCBE。
この政党のトップ2と思われる女性がアピールされていました。
もちろん、ヤイボニ大統領と一緒に写っているポスターもありましたよ!
ヤイボニさんのFCBE

また、こちらはベナンの大政党・PRD。
歴史も古く、多くの有名な政治家が属している政党だそうです。
大政党のPRD

そして、おまけにこちらがRESOATAO。

ベナン滞在経験がある一部の日本人には有名な(?)政治家
アタオさんが率いる政党です。
アタオさん
しかし、この方。
政党に自分の名前をつけちゃうあたりが・・・・・
アタオクラブともとらえられそうですが・・・・・

補足すると、アタオさんはとても若いそうで、
今回の選挙は、なんとまだ2期目。
前回は、大政党PRDの一員として立候補し、当選したそうです。

企業家でもあり、とてもお金持ち。
人気はあるようですが、まだ若すぎることと、
2期目にも関わらず、PRDを飛び出して政党を作ってしまったことに、
違和感を覚えるベナン人も多いようです。

でも、人気者ですよ。


ベナンの選挙活動で、おそらく?一番お金がかかっているのが、政治集会。
立候補者が、直接、その思いを伝えたりするようですが、
一番の目的は、そこで配布されるものをもらうこと。

日本では、当然、法律にひっかかりますが、
ベナンでは、そんなものあってもないものと一緒。

実際に、アタオさんのクリスマスプレゼントばらまき集会に
参加したことがありますが、すごい人でした。

ポロシャツを配ったり、
中には、直接、現金を配ったりすることもあるようです。
完全な買収ですね。


実際の政治に対する思いを伝えるのは、
テレビとラジオを通すことが多いようですが、
テレビやラジオに縁がないベナン人にとっては、
このような集会でのアピール、大事ですよね。

それでも、知り合いのベナン人たちに言わせれば、
「ただでもらえるなら、もらった方がいい。
 でも、それで簡単にその立候補者を支援するほど、ベナン人はばかではない。」
そうです。

興味深いですね。

ちなみに、日本のような街頭演説なんてものはありません。


ただ、街でみかけることができたのが、選挙カー&選挙バイク。
選挙カー
走っているものの写真をとるのが難しかったので、
車だけでお許しください。

こうやって、政党ポスターを車やバイクにべたべた貼って、
大音量の音楽とともに、
クラクションをならしまくって、道路を走っていました。
ただの迷惑行為にしか、思えませんでしたけどね。笑

しかも、この車の中には、立候補者がいるわけじゃないんです。

自分が応援する政党を自主的に(?)こうやって、アピールしているそうです。
お金を払って、やっているケースもあるとか、ないとか。
日本の選挙カーとは、だいぶ、違いますね。


なんとなく、ベナンの選挙活動、イメージできたでしょうか?
スポンサーサイト
 
 
ベナンの選挙活動事情、面白く拝見しました!

買収行為もありってところは、他のアフリカの国でもTVで紹介されてました。

食事(生きた動物を含め)を提供してたり、生活に密着したものを用意するあたりが、また面白かったことを覚えてます。

TVやラジオがメジャーではないってことは、政党のこれまでの活動状況や活動成果などの情報を市民が得るのは新聞?

日本の国会答弁など、失笑する場面をTVで繰り返し見せられてると、逆に政治不信に陥るので、むしろ映像よりも文字で客観的な記述を見た方が、余計な情報は排除できて、良いのかもしれませんね。

選挙カーの上に立ち、サクラを予め準備した上での街頭演説より、ベナンの方が健全なような気がしないでもなく(笑)

政党名がアルファベットの記載で、果たして有権者は区別ができるのかどうかも、ちょっと気になりました。

日本のように馬鹿げた政党名(たちあがれ日本とか幸福実現とか)も、如何なものかと思いますが、アルファベットだけの記載も混同しそうな気が。

ポスターのデザインや配色もお国の違いで面白いですね!
 
亜希さん

コメントありがとうございます!
確かに、お国柄が出ますよね。

ベナンは、アフリカ諸国の中では、民主主義が進んでいると
よく評価されているようですが、
実際のところは、まだまだ、いろいろと問題が多いようです。

先日、選挙の開票結果が出たのですが、
ベナンでは珍しく一悶着もありました。
これは、また、シリーズの次でお伝えします。笑

非公開コメント

トラックバック URL
http://dearbenin.blog.fc2.com/tb.php/454-f2abca3e
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。